2019/01/11

 誕生 3 樋屋奇応丸

 赤ちゃん夜泣きで困ったな、疳虫乳吐き弱ったな、ひやひやひやーの樋屋奇応丸。

 昔テレビでよく流れていた、ひやきおうがんの宣伝の歌。

 「朝6時まで寝かせてくれへん。寝られへん。」11月末に生まれた孫は、1ヶ月を迎えても夜型が定着。昼間はすやすやおねんね。3時間おきのタイミングでお腹がすきます。夜12時にお乳、深夜3時、朝6時とお腹がすいたと泣き叫びます。飲んだ後も泣き続け、朝まで寝られない娘はぐったり、どんより。

 一度付き合ってみました。わたしは、一晩でぐったり、どんより。

 これはひょっとして?赤ちゃん夜泣きで困ったなパターンか?とふと思いました。そして、薬局で樋屋奇応丸を買い求めました。

 「あんたも赤ちゃんの時飲んでいたよ」と渡しました。パッケージは昔と変らずで、「これ覚えている」と娘。

 初めて奇応丸を飲ませた夜。12時、3時、6時とお乳に起きるものの、間は静かで「その間寝れたー」と連絡が入りました。

 自分の娘の時もお世話になり、今回もお世話に。金粒樋屋奇応丸は仁丹の粒の大きさで75粒1300円。200粒で3200円、500粒で7200円位。(薬屋さんで割引率が違う)

 成分、沈香(じんこう)、麝香(じゃこう)、牛黄(ごおう)、人参、熊胆(ゆうたん)
 
 効果、功能 小児の神経質、夜泣き、疳虫、ひきつけ、かぜひき、かぜの熱、ねびえ、下痢、消化不良、乳吐き、食欲不振、胃腸虚弱。

 成分は非常に高価な生薬(しょうやく)が使われています。清心、安心、胃腸を補益。1622年創業。400年変らない品質。

 奇応丸を飲んで育った娘がその子に「赤ちゃん夜泣きで困ったな」と歌いながら飲ませている風景。育児初めてのママが一番大変な時期を乗り越える強い見方だと思います。

 孫のところに行くたびに、小児はりを試みています。誰よりも小児はりが上手になるでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/12/20

 誕生 2 十全大補湯

 白い透明な皮膚、白さを通り越して蝋人形のような手、指。唇の色はありません。

 娘が病院から帰ってきた日の姿。

 出産後の身体の状態は、中国では、五奪(ごだつ)の一つにあたります。久病でやせ衰えたもの、大出血の後、大発汗の後、大下痢のあと、出産のため大出血した後。

 産後一ヶ月は、床上げせずおとなしく体力の回復を待ちます。はり治療は体力が無さ過ぎてできません。唯一、十全大補湯(じゅうぜんだいほとう)という漢方薬を使ってで体力を早く回復させることができます。鶏肉と薬といっしょに煎じます。我が家でも、ことこと1時間あまり煎じると、部屋中濃厚なにおいが立ちこめどこか懐かしく安心する感じがします。

 体力が無い上に昼夜逆転の赤ちゃんの世話。気分はささくれて言葉に棘がある娘。濃厚な味の漢方薬を飲んでくれています。

 子供のときから、はりに漢方薬がつきものの環境に育ちました。当然飲むものと思ってくれているので助かりました。

 昨日、見た手指が、ややピンクいろに見えました。少し失った血が補われてきているように見えました。あと10日で一ヶ月。早くもとの身体にもどってほしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/12/14

 誕生

 かすれた弱々しい声。小さな口を大きくを開けて泣く。手は、大人の親指くらいの大きさ。まさに泣くと顔が赤い。

 2300グラムで1ヶ月早く生まれました。男の子。初孫。

 娘の妊娠中は、5ヶ月になって、7月のいぬの日に住吉大社に安産祈願に行きました、腹帯の方を授けていただきました。(腹巻型の方は安定が悪いので。どちらを選ぶかは自由です)

 安産のためのお灸(5ヶ月過ぎれば始めてよい)もわたしが往診して続けました。(本来治療院に来てもらうか自分でしてもらうかです)

 病院に切迫早産予防で入院しました。この時は、電子灸(電気で温もるお灸、匂いは出ない)で安産のお灸をしました。病院は、シャワーしかないのでからだを温めることが出来ません。せめて赤ちゃんだけでもよう水の中は居心地の良いようにと願って。

 陣痛がおきて子宮口が3センチからなかなか開きませんでした。仕事の帰りに見舞いに行った際、合谷と三陰交に陣痛促進のはりをしました。無事に子供が生まれた後、「子宮が破裂するかと思うくらい痛かった。しばらく2人目はいらない」と言われました。

 インターネットが普及していろいろな情報が入ってきます。ネットを駆使して娘は、私より妊娠や出産前後の知識が豊富です。昔ながらの安産のお灸や陣痛促進のはりなどの情報は、あまり前面にはでてきません。

 お灸をする時は、換気扇、、空気清浄機全開。もぐさのにおいが部屋に染み付くと嫌がられながら、まだ私の話を聞いてくれるだけましか?と思いました。

 今は、徒歩20分の娘の家に仕事の合間に日参して、洗濯係、沐浴係、ご飯係、犬の散歩係をしております。終われば、97歳の父の介護に向かう日々。

 新しい命の誕生は、疲れと喜びが交錯した不思議な時間です。23年前娘を出産した時と比べ、出産グッツも様変わりしました。時代の流れを感じています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/09/10

フェイシャルサロン

 薄グリーンを基調に、随所に女性らしさを醸し出すようなゆったりした空間。静かな広がりを演出するような音楽が耳に心地よい。

 フェイシァルサロンに行ってきました。

 今夏は養生のための海水浴7回。

 しっかり日焼けしてしまいました。毎年後悔後を絶たずです。ていねいなパックと顔のマッサージの後は、例によって即効性があるという美白の化粧品を薦められました。25000円(2週間分)

 顔のマッサージは、顔の筋肉を緩ませることによりストレスを解消できるかしら。ついでに美白パックなどを施してもらって気分転換もできるかな?

 期待するところを間違えていることにいつも気がつきます。良いはり治療を受けたときの穏やかな気分。顔の色艶。肌のひきしまり具合、優しい顔つき。その出来上がり具合があまりにもかけ離れていて、美白や肌荒れの美容液やクリームを購入する気になれませんでした。

 夏の終わりに後悔する日焼け、しみ、そばかす、くすみ。はり治療と自然の化粧品でどこまでもどせるか?

 美白、お肌のハリ、エイジングケァの広告が気になる夏の終わりのこの頃です。 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/02/25

子宝のはり 5  急がばまわれ

 「3日後に体外受精の移殖をします。はり治療できますか?」


 このような電話がたてつづけにかかってきました。差し迫ったお電話に「できることはなんでもいたします。」というより他の言葉はみつかりません。

 通常は、基礎体温表がなければ、まず、基礎体温を測ってもらいます。
 一ヶ月のグラフを見て治療の方針をたてます。

 十ヶ月赤ちゃんがおなかの中ですくすくと育つ環境ができてから姙娠するというのが本来の姿でした。最近は、基礎体温は測らなくても良いという先生もいて、「計ったことがない」といわれることも多くなりました。

 移殖のために排卵をとめたり、体温を上げたりの操作によりその人の生理のリズムがみだれてしまうこともあり得ます。

 急がばまわれ、低温期は低温期らしく、排卵期はそれらしく、高温期14日間36・7度以上をキープ。このリズムを作りあげることがより確実な姙娠につながります。

 「できうることは何でもの中には、移殖してからの高温期がずっと続いてくれるようなからだを一度で作ってくださいと言われているようでとても大変です。かりに姙娠しても、10ヶ月おなかの中にいられるかどうかまでははっきり確信をもって言えません。

 「急がばまわれ」の意味がわかってくれましたでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/11/15

子宝のはり 4 共通の目的

 「インスタントラーメンに卵を落としたのと、白ご飯」

 「昨夜は何を食べましたか?」子宝のはりをうけに来ているU子さん(35歳OL)の答えでした。夕飯を食べそびれたうえ、野菜が冷蔵庫に無かったのでこうなったそうです。独身時代、一人ご飯を食べていた時パスタが多かったと聞きました。

 今は、十月十日おなかに赤ちゃんを宿すからだを作る時期です。はり治療は、生理の周期の中で、生理が終わった直後、排卵前、高温期と3つの大切な時期に体調を上げ妊娠しやすくします。子宮環境は良くなっても、子宮の細胞を作るもとになる普段の食べ物にはじゅうぶん気をつける必要があります。

 食べる内容、食べる時間、食べる量すべてにおいてからだに影響します。現代っ子のU子さん、忙しいOLでもあり外食も多いといいます。子宝のはりをするわたしと、子宝を望むU子さんの共通の目的のためにいま少し節制してくれるようにお願いしました。

 なぜなら、子宝のはりと食べ物の不摂生を治すはりと合わせると、針数が増え、ストレートに効かすのが難しくなるからです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/09/28

子宝のはり 4

 不妊外来の待合でベーネ治療院の名前を聞いてきたという方がおられました。

 3ヶ月前に治療していたK子さん(35歳OL)が無事に妊娠されたのだろうと確信しました。

 K子さんは、仕事帰りにいつもはり治療に来られていました。体外受精をするXデーのために、数ヶ月前から基礎体温表を見ながらはり治療の予定を立てていました。

 生理が終わったらすぐに来る。低温期維持と不妊本来の体調アップをはかります。
 排卵前に一度来る。 子宮の壁を厚くすることにより着床しやすくします。
 高温期維持のために一度くる。 約2週間36度7分以上をキープします。

 1ヶ月のグラフの中で、3つの時期にはり治療をして基礎体温の安定と十月十日赤ちゃんがおなかに居れるようなからだを作りをします。K子さんには、赤ちゃんは子宮というお家が居心地が良くないと下りてしまうこと、それは、例えば北海道仕様よりは南国沖縄仕様のほうが良いということを伝えていました。

 Xデーに当たる月、ドクターの指示にしたがいながら、移植の数日前に最後の体調アップのはり治療をしました。

 帰り際、安心したような顔で帰られたK子さんの横顔が忘れられません。来年春の吉報をお待ちしています。もし、妊娠中につわりがひどければ是非はり治療に来てくださいね。

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/06/14

子宝のはり 3

 I子さん(32歳)が出産8ヶ月ぶりにはり治療に来てくれました。

 独身時代大きな病気をかかえはり治療を受けに来られました。結婚後、病院からの薬は最小限にとどめ元気な子を授るように治療をしていました。

 「今日は1時間しか時間がありません。子供のお乳のタイムリミットです。主人に今見てもらって出てきました。」

 なつかしいI子さんのからだはほっそり。胸がぱんぱんに張っています。子供の夜泣きのため睡眠不足。加えてよく出るお乳のため血虚(貧血)がひどくなってやつれていました。ひどい肩こり。断乳のタイミングを保健師さんと話し合い、1歳になるまではとがんばる決心をしたそうです。自分の薬は母乳をあげるためあれから一切飲んでいないと。

 治療穴、照海、衝陽、三陰交。ゆっくり滋陰、ゆっくり補血、ゆっくり腎精を補いました。

 やつれたなかに自愛に満ちた母親の強さが見て取れました。「子供の夜泣きには桶屋奇応丸(ひやきおうがん)金粒を飲ませてあげてね」と伝えました。わたしの3人の子育てにも大変お世話になった日本の小児和漢薬です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/10/06

生理不順

 台風が去って湿気を吹き飛ばしてくれました。吹きかえしの風は涼しいというよりは肌寒い。夜遅く帰る人は厚手の上着が必要です。

 今年の夏はなかった感が強いのですが、すっかりそのつけは19歳の娘にまわってきました。自活している次女が久しぶりに帰ってきました。

 生理痛がひどく婦人科でピルの処方を受けているとのこと。生理周期が45日。デパートの婦人服の売り場に勤めていて一日中クーラの中。夏の間ほとんど外へ出ない生活でした。

 「このままだと不妊症になるといわれたのでピルを飲むことに決めた。それから、お医者さんに職場ではズボンを着用するようにという診断書を書いてもらった」とスキニーパンツをはいていました。

 一年目を離した間に体調が激変していました。生理周期を普通にもどすためにピルで調節する、というのが今の婦人科の主流になっているようです。自分のからだのことを母に相談しないで決めたこと、親離れのなせる業かと思いましたが大ショック。

 治療は、生理時に黒い塊が出るお血と、血が少ない血虚と診断。左右の三陰交、左右の太衝の穴にはりを打ちました。ピルは飲むとして、家にあった桂枝ぶくりょう丸(お血をとる)、四物湯(血虚をとる)を飲むようにいいました。確かにこのまま放っておくと不妊症、子宮筋腫や卵巣膿腫などの温床になるところでした。2-3ヶ月ピルと漢方薬との併用で様子を見ようと思います。

 暑がりだった娘が、ズボン着用で仕事をしている姿。クーラーの影響恐るべし。夏がなかった今年のこれから訪れる冬の寒さ、皆様侮る事なかれです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/09/14

子育て時代

 「毎日朝夕2回、米3合炊きます。朝5時半に起きてお弁当3つ作り、山のような洗濯とそうじ。パートの仕事。夕方は・・・・」

 A子さん(39歳)は運動部に入っている高校生の子供さん達を育てるために奮闘の毎日を送っています。

 ときどき疲れ果ててはり治療に来られます。特に、生理が終わった後の貧血状態がひどく毎日の生活に支障をきたす程です。何をするのもおっくうになり、じっと寝ていても回復が遅くイライラするとのこと。

 女性は毎月の生理後、貧血状態となります。若い頃なら難なくやり過ごせたものが、子育て時代の真っ最中に動けなくなる日があると困ります。からだから言えば血が足りないので動いてはいけないサインに他なりませんが。

 はり治療に来られたA子さんには、脾臓の造血作用を高めるために三陰交、血海、足三里、脾ゆなどの穴をつかいました。
 
 A子さんいわく。「レバー、ブルーベリー、プルーン、ほーれんそうをたくさん食べていますが、はり治療が一番早く楽になります」

 主婦が一刻も気を抜くと、家が回らない子育て時代、わたしの家は子育てが終わり一日米1合を食べあぐむ毎日。A子さんと話していて、うらやましいやら寂しいやら、あの時はいつも疲れていたことを思い出しました。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)