2017/12/10

土と内臓(微生物が作る世界)

 ふかふかな土、みみずがうごめく。虫たちが作物をかじる。太陽をいっぱいあびた野菜や穀物が収穫できる。

 有機野菜のイメージがこの本によってより確信をおびて身近に感じるようになりました。

 「土と内臓」(微生物が作る世界) Dモンゴメリー、A・ビクレー著 築地書館 を読みました。

 地質学者と生物学者の夫婦の共著。荒地の庭が、わら、コーヒーのしぼりかす、牛糞、落ち葉などにより2-3年かけて黒いふかふかの庭になりました。硬い土が、ゆっくり栄養豊富な土に変わっていくさまを想像するだけでも興奮しました。

 植物と土の中の微生物は、生物学的な取引関係を営んでいます。それが、植物の防衛機構として機能します。それにより、植物は、土からの栄養をたっぷり吸収しています。有機野菜や作物は、昔の味がして美味しいといわれる所以です。

 今は、多くの作物が化学肥料、農薬により、土と微生物たちとの取引関係が悪化し、それを補う意味で遺伝子組み換えという方法により収穫をたかめる方法が注目されているのが実情です。

 美味しい野菜や作物を食べているわたしたちのからだはどうなっているのでしょうか?食べた物が胃から腸に送られ腸内細菌群を活発化させます。栄養は、腸から吸収され人の体がつくられます。食べたものが人の血となり肉となり外敵(ウイルス,細菌)から身を守る免疫機能を保っています。作者の妻は子宮頚がんを発症するにあたり免疫システムと腸内細菌と密接につながっていることに気づきました。虫と共存する土の世界とひとの内臓の腸内細菌群の免疫システムが重なってみえました。

 土に栄養を与えれば土がわたしたちを養い続ける世界。身体だけではなく、心と精神、生命と健康の根本は、微生物の営みであると作者はいいます。


 我が家の冷蔵庫の野菜室のなかには、2週間以上前に届いた有機野菜がはいっています。水に漬けると届きたてのようにシャキッと生き返ります。生きている野菜。土の中から吸収した微生物と栄養が細胞の単位のなかにもゆきわたっていると感じる瞬間であります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

土と内臓

 ふかふかな土、みみずがうごめく。虫たちが作物をかじる。太陽をいっぱいあびた野菜や穀物が収穫できる。

 有機野菜のイメージがこの本によってより確信をおびて身近に感じるようになりました。

 「土と内臓」(微生物が作る世界) Dモンゴメリー、A・ビクレー著 築地書館 を読みました。

 地質学者と生物学者の夫婦の共著。荒地の庭が、わら、コーヒーのしぼりかす、牛糞、落ち葉などにより2-3年かけて黒いふかふかの庭になりました。硬い土が、ゆっくり栄養豊富な土に変わっていくさまを想像するだけでも興奮しました。

 植物と土の中の微生物は、生物学的な取引関係を営んでいます。それが、植物の防衛機構として機能します。それにより、植物は、土からの栄養をたっぷり吸収しています。有機野菜や作物は、昔の味がして美味しいといわれる所以です。

 今は、多くの作物が化学肥料、農薬により、土と微生物たちとの取引関係が悪化し、それを補う意味で遺伝子組み換えという方法により収穫をたかめる方法が注目されているのが実情です。

 美味しい野菜や作物を食べているわたしたちのからだはどうなっているのでしょうか?食べた物が胃から腸に送られ腸内細菌群を活発化させます。栄養は、腸から吸収され人の体がつくられます。食べたものが人の血となり肉となり外敵(ウイルス,細菌)から身を守る免疫機能を保っています。作者の妻は子宮頚がんを発症するにあたり免疫システムと腸内細菌と密接につながっていることに気づきました。虫と共存する土の世界とひとの内臓の腸内細菌群の免疫システムが重なってみえました。

 土に栄養を与えれば土がわたしたちを養い続ける世界。身体だけではなく、心と精神、生命と健康の根本は、微生物の営みであると作者はいいます。


 我が家の冷蔵庫の野菜室のなかには、2週間以上前に届いた有機野菜がはいっています。水に漬けると届きたてのようにシャキッと生き返ります。生きている野菜。土の中から吸収した微生物と栄養が細胞の単位のなかにもゆきわたっていると感じる瞬間であります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/06

犬のアレルギー

 小さな腕にちくり、小さな足にちくり、そのたびに腕や足がぴくりと動き、最後は必ず逃げ腰の体勢になる。目の前のおやつは食べたいにもかかわらず。

 我が家のヨーキー(8歳メス)はアレルギーもちと診断されました。毛のすきまからふけが増えてきたので獣医さんにみてもらいました。どうりでよくかゆいかゆいと身を捩じらせたり、後ろ足で背中を搔いたりしていたわけです。

 トリミングで毛を短くしてもらうと、ふけの部分と小さくおできのような盛り上がったところとがありました。どこかでみたような・・・。人の湿熱系のアトピー性皮膚炎のように見えました。ロングへァーにアトピーの肌。処方してもらった薬は抗生剤。飲むと一時的にふけやアトピーは治まりますが止めるとまたでてくる。人と同じような繰り返しになると思い薬は止めました。

 ならば、はり治療をしよう。

 動物病院でもはり治療をしているところがあるそうです。わたしの方がうまいはず。

 という訳で、おやつを目の前において、さわぎそうになったらそれを口に入れて、はり治療をやっています。皮膚が白かったのに、今は赤っぽい。皮膚が以前より熱っぽくなっているようです。子供を前向きに抱くようにして、おなかの肝臓辺りの皮膚に小児はり。肘のそばの曲池穴や足三里とおぼしきところにはり。上手に入れるとおとなしい。ちくりとするとがさがさ動く。

 ドッグフードも少しずつに肉類から魚類に変えてみたり。湿熱を呼ぶものを控えるようにしているところです。人を治療しているなら、犬の治療もできるかな?

 深まる秋に犬の患者が一匹増えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/27

晴れやかな顔

 「治療院から出てくる人、皆が晴れやかな顔だったんですよ」

 30年前の開業したての頃からの患者さんが久しぶりに来院されました。その頃3歳だった娘さんも結婚して5ヶ月の妊婦さん。

 「U子ちゃんのはらおびの巻き方を教えるなんて思いもよらなかったわ」

 昔の話をひとしきりした後、U子さんのお母さんが話し始めました。お母さんもおじいちゃんに連れられて小児はりに行っていたそうです。娘のU子さんにも小児はりを受けさせたくて良いはり治療院を捜していました。

 地下鉄日本橋にあった気功堂治療院(ベーネ治療院の前の名前)を通る時、出てくる人が皆晴れやかな顔をしていることに気がついたそうです。名前からは良くわからないけれど、きっとはりが上手な先生がやっているのだろうと思ったそうです。それから30年、ずっと治療に来てくれています。

 はじめて聞きました。

 何よりも晴れやかな顔を一般の人と見分けてくれていたことに驚きました。はり治療を受けた後のおじいちゃんの晴れやかな顔を子供ながら覚えていたのでしょうか。

 小さいU子さんにも何とか良いはり治療を受けさせてあげたい思いがわたしたちの伝承医学につながりました。U子さんの生まれてくる子供さんもきっとはりと縁ができることでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/05

平城宮跡

 奈良の唐招提寺から薬師寺を秋篠川に沿って歩きました。大和西大寺駅にもどって平城宮跡を延々半周で、夏ばてのからだはギブアップ。

 その日の朝は、からだが重くできたら一日ごろごろしていたい感。暑かった夏の日は、元気を出して仕事に行っていたのに、暑さが一息ついたところで夏ばてでしょうか?

 秋篠川の水量はほどよく、吹く風にとんぼが飛んで秋の気分。足の重たさのため目的地徒歩15分がかなり長く感じられました。このコースは、40年前の住み込み内弟子時代の自転車散歩コースでした。

 唐招提寺の金堂のひなびた茶色は記憶のままで、薬師寺の東塔が解体修理のため見れず、40年前にはなかった西塔が復元されていました。

 平城宮跡は、朱雀門と金堂が目新しく、あいかわらず何もない原っぱのままが往時をしのぶのに都合がよく、何もないから何でもあるようで想像は無限大です。若草山が近くに見え、青い空と緑の草木が上下左右360度のびゆー。一緒にきた娘は、スマホでそれを撮って喜んでいました。

 20年前、子供が小さかったころ、春になると弁当とボールを持って一日中遊んだ話をしました。ボールがスマホに変わったものの、子供のころと同じように自由の羽を伸ばしていました。

 一日中歩いて、最後の平城宮跡半周で疲れてしまいました。ところが、歩き回ったせいか、夏ばてのからだのだるさがとれて足が軽くなり、娘は、足のむくみが最後の半周でとれたと言っていました。

 夏ばてでも足を動かすと胃腸が動きます。それについで、水分代謝が活発になりからだの調子が良くなるのを自ら確認しました。

 平城宮跡には、20年、40年などまったく気にしない、時間経過を考えることすら忘れてしまう無の世界があるように感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/30

赤ちゃん

 ピンク色の肌、絹のような光沢、透き通るような透明感、ぷるぷるのほっぺ。ぷくぷくのわっかの手首。小さな親指をちゅうちゅう。

 ベーネ治療院に6ヶ月の女の赤ちゃんがきました。針治療するお母さんに連れられて。

 ずっと自分が追い求めているものを目の前で見ているようでした。針治療は、不老長生を目指しています。体調をくずした患者さんに針をします。ストレスがたまっていれば、肝臓辺りの血流を良くしたり、胃腸がつまっていれば消化液を出す穴に針をする、風邪をひいているなら体力を上げて風邪を追い出すなど。腰痛には、痛み止めと合わせてその原因の治療をします。

 すると、赤ちゃんの肌つや、ぷるぷる、ぷくぷくの感覚が顔色、皮膚、筋肉に現れてきます、。細胞に新しい血液が流れ込み、新陳代謝が盛んになってきていることがわかります。

 元気のかたまりの赤ちゃんを、今更ながら驚きと羨望の目で観察できた至福の時間でした。20数年前の3人の子育ての時は、見ている余裕もなく嵐のように過ぎ去りましたから。

  赤ちゃんガ帰った後、ほっぺを触った感触、肌の色調、すべてが頭の中に刷り込まれました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/23

お掃除ロボット

 梅雨空がもどると大雨。先日の朝は久しぶりのザブザブ。

 ベーネ治療院につくと、ヒノキの床は神々しいほどの輝き。実は、ついにお掃除ロボットを導入したのです。お試しを一度してみたところ、あくる日、驚くほどきれいに掃除されていました。毎日掃除機をかけていたのは何だったんだろうと思うほどでした。

 白くて平たいおむすび型のお掃除ロボットは、床を掃除する際、障害物に当たれば向きを変えて動きます。最終自分で充電器のもとに戻ってくるすぐれもの。前方左右にほこりを集める刷毛(はけ)がせわしく動くさまは、子犬が歩き回っているようで少しかわいい感じがします。

 細かいほこりがダストボックスに集められているのを見て、早速に契約しました。毎月2000円+消費税を2年間。2年たてば自分のものになります。一日70円の掃除代が安いか高いか?ほこりを舞い上げることなくきれいに掃除してくれるのが値打ちかもしれません。ほこりっぽい環境は、肺に影響します。空気清浄機をまわし、床のほこりが舞わなくなると居心地の良い空間が自ずと広がります。

 外が雨の日でも、ヒノキの床が湿気をある程度吸ってくれます。

 掃除にかける時間が短縮でき心の余裕も生まれました。

 集中力が高まりやすくなった気がします。呼吸がしやすくなったせいかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/23

服は着る薬  2

  「鶴丸メソッドメディカルファッション」 鶴丸礼子著 講談社エディトリアル 2017 4 05発売を読みました。  

 モデルさんは皆障がい者の方たちです。自信に満ちた晴れやかな顔、堂々と、わたしを見てくださいと言っているようでした。モデルを頼まれたときとても悩んだ方もいらっしゃったとか。鶴丸さんの世界で一枚しかない自分の服を作ってもらっている幸せ、どのシーンでその服をきるのかをわくわくしながら考えたこと、配色は?持ち物は?合わせる靴下そして靴は?

 何度も考えイメージする中で外に出る、町を歩いてみようか、その回数が増える、良い歯車が回りだします。実際薬を飲まないのに気分が高揚してきます。服は着る薬の真骨頂だと思います。

 わたしの連れ合いが障がい者になった時、外出する際、前の晩に着る服をきめ帽子、靴、ネックレス、腕輪をそろえていました。彼なりのモチベーションを上げていたのでしょう。腕輪やネックレス(小さなトルコ石など)は、健康なときは一切つけなかったのに、身につけるようになりました。自己表現をしたかったのでしょうか?よくアクセサリーの店につき合わせられました。

 そして、ついには、身の回りのことをすべて自分でできるようになりました。

 自由がきかないからだに何が必要なのでしょうか?着易い服、締め付けない素材、心が開放される服。気軽に着たくなるような服。何度でも町を歩ける(車椅子に乗って)服。一番は、御本人のモチベーションが高まることだと連れ合いを見て思いました。

 モデルさんのすばらしい笑顔がそれを物語っていると感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/15

服は着る薬

 「服は着る薬」

 先日の朝日新聞朝刊「ひと」欄の印象的な言葉。服飾デザイナーの鶴丸礼子さんのアトリエの名前でもあります。

 フランスの有名ブランドで働いた後独立。約30年間で障害者の人のからだに合った服を作ること1000着以上にのぼるといいます。

 一人ひとりの障害の状態にあわせた独自の製図法によりぴったりで着脱しやすい服を作り上げます。何度も何度も依頼者の要望を聞きながらの作業は、根気がいります。重度の障害者の方の動かない肘や膝、側わんしたからだに、魔法のファスナーをつけることにより世界で一枚しかない晴れ着が出来上がります。つっぱらない、からだが自由にうごかせる、着脱スムーズ、着心地がよい、何度も着たくなる、まさに「服は着る薬」というアトリエの名前にぴったりだと思いました。

 鶴丸さんの地道な活動は、アトリエのある大分県から発信され続け、全国からの注文がくることに。

今年3月、医療と連携して作業療法士と組み、採寸に必要な箇所を骨や筋肉に置き換えてわかりやすいようにした教科書を完成させました。いつでもどのデザイナーに頼んでも着る薬が作ってもらえるようになるように。障害者の人たちにとってはこの上ないよろこびとなるでしょう。

 鶴丸さんとは年齢も近く、そのバイタリティーを応援しつつ、自分にこれから何ができるのかの参考にしていきたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/04/27

犬の介護  2

 Oさんのヨーキー(17歳)はいよいよ歩くことが難しくなってきました。 10メートル、20メートル。左右の後ろ足が突っ張ってブレーキがかかります。

 食べ物もほとんど食べなくなりました。抱いてみると腰からうしろ足にかけて冷たい感じ。

 私は、胃腸を動かすために後ろ足の犬の三里辺りをもむこと、下半身の血行を良くするようさすってあげるようにとアドバイスしました。

 すると、えさをすこしずつでもたべれるようになり、歩けるようになりました。

 獣医さんにステロイド剤を打ってもらいながらの犬の介護。大変そうです。

 お散歩や食事の手助けになればいいなぁと思っています。もちろん、自分の飼い犬ははりをすると決めています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧