« 苦味をとりましょう | トップページ | 太極拳フェスティバル大阪 »

2019/08/30

夏季講習

 8月25-26日と中華伝承医学会主催の夏季講習が開催されました。

 いつもは受講者なのですが、年に一度講師になってみんなを教える立場に立つことになります。

 今年も2月ごろから何を話そうかずっと考えていました。40年以上はり治療をしています。ほとんど臨床(現場)を重視しているので、現役の鍼灸師の人たちには理論と臨床の両方から話をしていかなければななりません。

 身体の臓腑のうち腑のお話。胃、小腸、大腸、膀胱、胆、三焦の六つの中空臓器の新陳代謝を盛んにすると、顔のむくみがとれて張りがでてくる。その有り様は、手の肘から手首までの皮膚(尺膚、しゃっぴ)の変化と同じである。また、脈も同じように変化する。

 黄帝内経の霊枢経(こうていだいけい、れいすうきょう、二千年前に書かれた鍼灸医術の古典書)の一言を検証してみることにしました。脈診という狭い部位で診るより肘から手首までを手で触れてなでて、さすって、優しく押してみる。顔の変化、脈、尺膚の変化がおぼろげながらわかるようになりました。

 顔の変化は、今流行の美顔はりのように顔に直接はりを打たなくてもむくみがとれ、張りがでてきます。べーね治療院ではり治療を受けておられる皆様は、美顔治療も同時にしているということがこのたびはっきりわかりました。

 夏期講習が無事に終わり、頭フル回転から日常にもどるのに数日かかりました。

 わたしの夏がやっと終わりました。

|

« 苦味をとりましょう | トップページ | 太極拳フェスティバル大阪 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 苦味をとりましょう | トップページ | 太極拳フェスティバル大阪 »