« デッサンと望診 | トップページ | 水色(ブルー) »

2019/07/15

顔のむくみ

 「ストレスは顔のむくみを引き起こす」という研究結果が出た、と化粧品メーカーのポーラ傘下のポーラ化成工業が発表。

 7月6日付け朝日新聞朝刊、経済面に掲載されていました。

 同社の研究によると、ストレスを感じた時に分泌される「コルチゾール」という物質が、血管やリンパ管の壁をつくる壁細胞同士の接着を弱める。その結果血管などから水分が漏れて肌の内側にたまり、顔がむくみやすくなるのだそうです。

 トウニンエキス(桃仁『桃の種』エキス、)はこの細胞同士の接着を強める働きがあり、マッサージクリームに練りこみ商品化し、10月5日に発売予定です。

 気になるお値段、12000円。

 

 顔のむくみに対しては、美容はり(顔中はりだらけのイメージが強い)が思い浮かびます。それに比べれば、毎日、マッサージクリームをつけて自分でむくみ取りをしている方が怖くないかもしれません。

 

 ベーネ治療院では、脈を診て、胃、大腸、小腸、腎臓、膀胱などの内臓の働きを調節します。顔のむくんでいる部分は、内臓の水分代謝が活発になるのと同時進行で取れていきます。もちろん、脈の中の気になる滞りが取れると、からだは元気になり、気持ちはゆったり、艶やかでむくみがとれた小顔のでき上がりとなります。

 

 ここで大切なことは、ストレスでからだの不調があることをよく理解して欲しいことです。マッサージクリームでむくみを取るのは一つの方法でしょう。加えて、体調管理をして欲しいのです。仕事が終わったら、身体を動かす、睡眠時間を多めにとる。上手に気分転換をする。はり治療を受ける。

 むくまないからだを作ることが肝心かと思います。

 

 

|

« デッサンと望診 | トップページ | 水色(ブルー) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« デッサンと望診 | トップページ | 水色(ブルー) »