« 風と花粉 | トップページ | 歌舞伎と鍼灸(広がる裾野、悩める古典芸能) »

2019/03/03

風と花粉 2

 両手の指でぐりぐり。目の玉を取り出して洗い流したい衝動。お腹の詰まりは気をつけていたので鼻はまだ余裕と思っていたら、敵(花粉)は、目を攻撃してきました。

 マスクはつけてめがねを忘れ、一気に目がぐしゃぐしゃです。

 こうなると心もかゆみに伴ってパニック状態となりました。こういう日に限って、行列の出来るパン屋さんでなかなか手に入らない最上級の食パンをいただきました。一口食べてびっくりするくらいおいしい。泣く泣く、一切れ以外娘のところ行きとなりました。

 こんな時は、早めの夕食。昆布とかつおぶしで丁寧に出汁をとり、お味噌汁を。お腹に優しい和食で心と身体をおちつかせてみましょう。目の周りは乾燥していますが、体の中は水があふれています。がぶがぶ水を飲まないと消化しにくい乾きものは症状を悪化させます。美味しいパンもその中に入ります。

 ゆっくりお風呂につかって身体を静養させましょう。あまりに症状がつらい時、もしくは生活上どうしても養生が出来ない人は、アレルギーの薬に頼ってもいいかと思います。

 わたしは、毎年どのはり治療がよく効くかと実験ばかり。薬をお守りにしております。

|

« 風と花粉 | トップページ | 歌舞伎と鍼灸(広がる裾野、悩める古典芸能) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 風と花粉 2:

« 風と花粉 | トップページ | 歌舞伎と鍼灸(広がる裾野、悩める古典芸能) »