« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月

2019/01/28

よもぎ湯

 湯船に浮かぶよもぎの葉。入浴剤仕立て。両手でもむと、ほんのり茶色のエキスが染み出して。

 昨年の夏、近所で摘んだよもぎ。大量に乾かして今日のような大寒の寒い日のためにとっておいたものです。

 湯上りはお肌しっとりすべすべ。乾燥注意報がでるくらい空気が乾燥する中、あくる日の朝もすべすべは保たれて、よもぎ湯の効果は満点です。また、早朝の小便行きたい感がありません。昨日の別の入浴剤との差が歴然でした。

 改めてよもぎのすごさを実感しました。

 毎日、冷え取りのために、治療室でもぐさロール(温灸棒)で患者さんの足陽関穴(足の外側、膝の上辺り)をはりをしてして温灸をしています。よもぎのもぐさ温灸が効くなら、全身入浴はもっと効果があるはずです。

 冷え症やヘルニア、神経痛をお持ちの方、お肌の乾燥が気になる人におすすめしております。

 一年で一番寒さが心身共にこたえる時期ですから。

 摘んでおいたよもぎは、あっという間無くなる事をみこして、ネットで、よもぎの入浴剤を注文しました。国産乾燥よもぎそのものを、自分でネットに入れて入浴剤仕立てにすると割安になります。めんどうな人は、パックになっているのをどうぞ。

 大寒を過ぎれば、節分、立春、旧正月。もうすぐ春。寒さはまだまだ続きます。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/11

 誕生 3 樋屋奇応丸

 赤ちゃん夜泣きで困ったな、疳虫乳吐き弱ったな、ひやひやひやーの樋屋奇応丸。

 昔テレビでよく流れていた、ひやきおうがんの宣伝の歌。

 「朝6時まで寝かせてくれへん。寝られへん。」11月末に生まれた孫は、1ヶ月を迎えても夜型が定着。昼間はすやすやおねんね。3時間おきのタイミングでお腹がすきます。夜12時にお乳、深夜3時、朝6時とお腹がすいたと泣き叫びます。飲んだ後も泣き続け、朝まで寝られない娘はぐったり、どんより。

 一度付き合ってみました。わたしは、一晩でぐったり、どんより。

 これはひょっとして?赤ちゃん夜泣きで困ったなパターンか?とふと思いました。そして、薬局で樋屋奇応丸を買い求めました。

 「あんたも赤ちゃんの時飲んでいたよ」と渡しました。パッケージは昔と変らずで、「これ覚えている」と娘。

 初めて奇応丸を飲ませた夜。12時、3時、6時とお乳に起きるものの、間は静かで「その間寝れたー」と連絡が入りました。

 自分の娘の時もお世話になり、今回もお世話に。金粒樋屋奇応丸は仁丹の粒の大きさで75粒1300円。200粒で3200円、500粒で7200円位。(薬屋さんで割引率が違う)

 成分、沈香(じんこう)、麝香(じゃこう)、牛黄(ごおう)、人参、熊胆(ゆうたん)
 
 効果、功能 小児の神経質、夜泣き、疳虫、ひきつけ、かぜひき、かぜの熱、ねびえ、下痢、消化不良、乳吐き、食欲不振、胃腸虚弱。

 成分は非常に高価な生薬(しょうやく)が使われています。清心、安心、胃腸を補益。1622年創業。400年変らない品質。

 奇応丸を飲んで育った娘がその子に「赤ちゃん夜泣きで困ったな」と歌いながら飲ませている風景。育児初めてのママが一番大変な時期を乗り越える強い見方だと思います。

 孫のところに行くたびに、小児はりを試みています。誰よりも小児はりが上手になるでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/04

AIやロボットに職は奪われるのか?

 「AI(人工知能)やロボットに職は奪われるのか?」という見出しが2019年1月3日、朝日新聞朝刊1面から2面にわたって掲載されました。

 「AI進化、共生の道 超高齢社会に備え」との見出し、「働く場、ロボットの力で変える。」それに対して、職は奪われるのだろうか?という反問の形。

 代替されやすい職業、99.8%、電車運転士、経理事務員、99.7%、検針員、路線バス運転手、レジ係り、郵便外務員、学校事務員、銀行窓口係り、倉庫作業員、・・・自動車組立工。

 代替されにくい職業0.1%精神科医、0.2%に外科医とはり師、灸師、小児科医、ゲームクリエイター、バーテンダー、中学校教員、大学教員、広告ディレクター、0.3%に保育士と続きます。

 はり師、灸師が代替されにくい職業の堂々2位に外科医や小児科医とならんでランクインされているのに驚きました。驚くと同時に、一般には、腰痛や肩こりの時以外あまりなじみの無い職業といえます。

 腰痛に対して、その日その時の季節、天気、寒暖、年齢、職業、生活習慣、病歴、腰痛の状態、姿勢、顔色、舌の色、脈状、を一度に診察して、証をたてて、穴にはりを刺します。用いるはりの長さ太さ、はりを刺している時間、筋肉の変化、痛みの取れ具合、歩いて帰れるかなど細かいチェックが続きます。
 
 腰だけにはりを打つのであれば、AIやロボットに取って代われるのかもしれません。以上のような過程を経て治療が成り立っています。はり治療に来られる患者さんは、いろいろな症状が入り混じり複雑に絡まっていることが多いのです。それが一人ひとり異なるとなるとAIもお手上げです。

 精神科医、外科医、小児科医の職業と並び評されることに喜びと、その道の更なる高みを進むの難しさを感じます。感覚をとぎすまし意識を持ち続けることは容易ではありません。職は奪われないにしてもです。

 

 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »