« 雨の前に 2 | トップページ | 洗濯機が動かない »

2018/06/11

A I

 高校生棋士藤井聡太七段が、6月5日の竜王ランキング戦5組決勝にて、AI(人工知能)の予測を覆して勝利したとテレビニュースで知りました。

 ファンの間では、AIを超えたと話題になっています。これについて藤井七段は、「人間であればその場面で条件を整理してそれに沿った手を考えるもの。その中で導き出された手だった」と昇級昇段を祝う会で答えていました。

 話を針灸にあてはめてみました。

 鍼灸の古典、黄帝内経素問霊枢(こうていだいけいそもんれいすう)や難経(なんぎょう)、傷寒論(しょうかんろん)、鍼灸大成、その他あらゆる鍼灸の知識をAIにデーターとして放り込む。そして、わたしたち鍼灸師が毎日取り組む治療でどれだけ患者さんの病気や訴えを満足させられるか?と考えてみました。

 「人間であれば、その日その時の気候条件、患者さんの精神状態、仕事状況、家族、食事、病歴、脈や舌、顔色、声、匂いなどを整理して、それに最も適した一手を考えるもの。針の太さ、刺す深さ、響きぐあい、顔色の変化、刺激の量、時間、からだの変化、導き出す手は誰一人同じではありません」

 AIに古典を放り込んだとしても、解釈が難解です。データーを入れる前に膨大な編纂過程が生じそうです。誰もこれまでにやったことはありません。

 あまりにもたくさんすぎる情報。一人の人間が一生のうちで1つその真理(データーの簡略化)を見つけるという方法で何代にもわたって向き合ってきた人たちがいます。データーの圧縮です。

 ベーネ治療院で行うはり治療は、一人のグランドマスターにより伝承された古典のデーターの圧縮という形で伝承されたものです。

 AIを超えたといわれる藤井七段ほどの頭脳の人が、何十代かけて創り上げたものを受け取るこちら側が頭を抱えています。

 ちなみに一つの圧縮されたデーターを解きほぐすと、何百何千とおりの回答があるようです。またまた頭を抱えます。

|

« 雨の前に 2 | トップページ | 洗濯機が動かない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38129/66820072

この記事へのトラックバック一覧です: A I:

« 雨の前に 2 | トップページ | 洗濯機が動かない »