« 巣立ちの後 | トップページ | 変わる意識 »

2018/04/09

美味しそうなにおい

 電子レンジからプーんと豆ちー(醤油の搾りかす)のにおいがしてきました。ご飯まだいらないと言っていた96歳の父は、こぼさないための前掛けをしめ箸を手に持って食べる用意をしはじめました。

 昨夜、豆腐が余っていたため作った麻婆豆腐。にんにくと生姜をきかせ、豚ミンチと豆腐を、甜麺ジャン、豆ばんジャン、豆ちーで味付けしたもの。仕上げには、ごま油とねぎをちらして。

 電子レンジで温めなおしたところ、ごま油と混じった美味しいにおいが部屋中に広がって、わたしの頭はまたしても麻婆豆腐モードになりました。食欲の無かった父。鼻から入った美味しそうがお箸を持って待つ体制になったことに嬉しさと驚きを感じました。決め手は、隠し味のにんにくと生姜かも。このにおいが胃腸を刺激したのだと思います。

 体調が思わしくないとき、鼻から美味しそう、目からの美味しそうはとても大切なことだと思いました。もう少し、器、盛り付けの色合いの工夫が必要とも感じました。


|

« 巣立ちの後 | トップページ | 変わる意識 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38129/66593054

この記事へのトラックバック一覧です: 美味しそうなにおい:

« 巣立ちの後 | トップページ | 変わる意識 »