« 土と内臓(微生物が作る世界) | トップページ | 腕力 »

2017/12/25

クリスマスの副産物

 あめ色に焼き色がついた、まるまるのローストチキン。きれいな箱に詰められて我が家にやってきました。

 子供が小さい頃は、お手手のところ、肉がたっぷりついているもも肉、とじゃんけんで取り合いをしていました。今年は、家族が減り子供たちは就職や結婚で家を離れました。肉の部位はより取り見取り。張り合いもなくさみしいクリスマス。いつも手作りするピザもつくりませんでした。

 手を油でギトギトにして口いっぱいにほおばる姿はなつかしい思い出。家族3人で食べよいところを食べてクリームスープを飲むとそれでおなかがいっぱい。張り合いがないと満腹中枢がすぐ働いてしまうようです。

 食べたあとは、鳥の骨をたたいて髄を出して、鶏がらスープを作りました。水、生姜のかけら、にんにく、ねぎを入れて、一時間ほど煮出します。鶏がらスープは骨に適度の肉がついていて濃いだしがとれます。

 にぎやかだった家族の昔と今、親から子供への世代交代。スープはそれをつなぐこころと身体をを変わりなく温めてくれるクリスマスの副産物となっています。

 

|

« 土と内臓(微生物が作る世界) | トップページ | 腕力 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38129/66198859

この記事へのトラックバック一覧です: クリスマスの副産物:

« 土と内臓(微生物が作る世界) | トップページ | 腕力 »