« ホセ カレーラスの自制 2 | トップページ | 晴れやかな顔 »

2017/10/19

北斎、HOKUSAI

 青と白の大きな波、誇張されたおなじみの水しぶき、小さいながら富士山が威容をはなち、船が果敢に波に挑む。

 三度目の正直で北斎展に行けました。一度目は、平日の昼間にもかかわらず長蛇の列。二度目は、開館15分前でチケット売り場でさえも混み合って断念。三度目は、前売り券をあらかじめチケット屋で買い求め、開館40分前に並びました。日曜日でもあり、9時半と早めの開館で待たずに入場できました。

 美術の教科書でおなじみの富嶽三十六景のThe Great Waveこと神奈川沖浪裏。1メートル以内の至近距離。小さいサイズなのに瞼から脳に直接大きく投影され、それが想像どうりの大きさに膨らみました。

 人の手指のような水しぶき。一度見たら忘れられません。北斎の誇張かしらと思っていました。五千分の一秒の高感度カメラにあのしぶきが写っていました。北斎の眼力のすごさに驚かされます。

 圧巻は、よわい九十歳の正月の作。「雪中虎図」。天に向かって上らんとする虎。愛らしく微笑む姿は、北斎翁に重なりました。もっと極めたい何かを見出し、その喜びに満ちた表情が足取りを軽やかにさせているのでしょうか?虎の表情はわたしを癒してくれました。。翁はこの数ヶ月後に無くなります。

 落款は、朱色の百の一文字。百のおもいは如何(いかん)?

 北斎の余韻にひたりながら会場を出ると、待ち時間90分と係りの人が叫んでいました。

 

|

« ホセ カレーラスの自制 2 | トップページ | 晴れやかな顔 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北斎、HOKUSAI:

« ホセ カレーラスの自制 2 | トップページ | 晴れやかな顔 »