« ホセ カレーラスの自制 | トップページ | 北斎、HOKUSAI »

2017/10/09

ホセ カレーラスの自制 2

 胸いっぱいに膨らませ伸びやかなテノールが会場にひびきわたる。「椿姫」(乾杯の歌)。拍手喝采が鳴りやみません。 

 あらためてホセ カレーラスの歌声を聴いてみました。よどみなく、長くながく、申し分ない声量。高音低音割れず、痰の濁音ない。となると食事の自制はいつも完璧か?

 天候の読みはどうでしょう?世界を飛び回る公演の日々は最も注意しなければならないはずです。地元日本人でさえ季節の変わり目は体調を崩す人が多いところです。このところの28度の高温の日は、暑気に近い養生を要求されるでしょう。服も半そででだいじょうぶ。すこしからだを冷やす食べ物でもかまいません。おくらや胡瓜、茄子、季節のくだものの酸味も必要です。梨、りんご、みかんなど。但し、せきをしている時はみかんはいけません。

 雨の日は、日本の梅雨と考えて、湿気を飛ばすために生姜やにんにくを料理に使ったり、ゆで小豆で利尿作用を強めたり。

 飛行機で日本入りしていきなり秋本番の気候(10月20日過ぎ)なら、空気の乾燥と冷気のために肺に直接影響します。のどのいがいが、喉痛、かすれ声など。また、風邪をひくことも許されません。枯れた肺を潤すために、はり治療では、尺沢という肘の前面の穴に針を打ち肺とのどを潤します。かりんをはちみつに漬け込んだかりんジュース、大根をさいころ状に切ってはりみつに即席に漬けたはちみつ大根などがこれにあたります。食べ物も、カレーのピリ辛味より、酸味をいれたものが良いといわれています。ワインをのんで食事をするのも良い方法です。また、豚肉、すっぽんを食べるのが燥季の養生です。

 ヨーロッパの秋は、乾燥がひどく皮膚もかさかさ。たっぷりの保湿剤をつけてはだの潤いを保つと聞きました。秋にきっと強いであろうカレーラスの大阪フェスティバルホール公演は、万全の体制でのぞめることでしょう。公演に行きたかったのですが、仕事のある土曜日でした。残念。

 

 

|

« ホセ カレーラスの自制 | トップページ | 北斎、HOKUSAI »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38129/65880729

この記事へのトラックバック一覧です: ホセ カレーラスの自制 2:

« ホセ カレーラスの自制 | トップページ | 北斎、HOKUSAI »