« 晴れやかな顔 | トップページ | 犬のアレルギー »

2017/10/30

「トリプル・ビル」 地主薫バレエ団公演

 ロマンチックな「ショピアーナ」、青春の輝きを放つ「卒業舞踏会」、オリエンタルの香りが漂う「韃靼人の踊り」。三部からなる「トリプル・ビル」2017 地主薫バレエ団公演に行きました。

 芸術の秋ながら、雨にふられること半月。待ち焦がれていたバレエ公演もまた雨。

 第一部、ショピアーナとは、フレデリック・ショパンのピアノ曲を管弦楽に編曲したバレエ音楽。レ・シルフィールドともいいます。物語はなく、若き詩人が、月夜の森の中を散策した中での幻想の世界。青白い月の光が、風の精を呼び寄せます。生のオーケストラが奏でるショパンの調べ、お砂糖をとろけさせたようなロマンチックな情景にうっとり。夢の世界に引き込まれていきました。

 第二部、卒業舞踏会。ウィーンの寄宿学校の女子生徒たちはかしましい。何事にも興味津々です。仕官候補生たちがやって来るのもわくわくどきどき。大人たちの恋の行方も気になってしかたがありません。社会に出る前の何でも許せる少女時代は、過ぎてみて初めてわかる宝物のような時間です。日本でよく言われる、箸がころげても可笑しい年頃を、ヨハン・シトラウスの調べにのせてコミカルだけでなく格調高く表現してくれていました。もう一度そんな頃にもどってみたいと思いました。

 第三部、韃靼人の踊り、歌劇「イーゴリ公」より。韃靼(だったん)とは、タタール、今のトルコ、ソビエト、モンゴル、イラン(ペルシャ)辺りの地域です。略奪されてきたペルシャの女たちがコンチャク汗の前で踊らされます。西洋と東洋が交わるかの地で、踊りに違いがあることに気がつきました。どこかオリエンタルの香りがしました。

 戦士や男たちの踊りに勢いがあり、汗と泥のにおいがしました。腰をかがめて縦横無尽に列を組み踊る男たち、女たち。大太鼓とシンバルの地鳴りのような響き。人と音のせめぎ合いは最高潮に。合わせて合唱団が舞台を盛り上げ、印象に残る幕引きとなりました。

 芸術の秋にふさわしいトリプル・ビル三部。生のオーケストラを聴きながら、若い踊り手さんたちの一年の成長を鑑賞できるしあわせに感謝したいと思います。

 

|

« 晴れやかな顔 | トップページ | 犬のアレルギー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「トリプル・ビル」 地主薫バレエ団公演:

« 晴れやかな顔 | トップページ | 犬のアレルギー »