« 紫外線アレルギー | トップページ | ハワイアンミュージック »

2017/07/24

秀吉の手紙 やいと

 「さすがお拾い(秀頼の幼名)のお母さんだね」と秀吉は賛辞を手紙にして茶々に送りました。

 秀吉からの手紙が見つかった、と7月8日の朝日新聞に掲載されました。秀吉50代、茶々20代。高熱を発した茶々が嫌いなやいとの治療を受けて解熱したことに対しての秀吉の気遣いが書かれていました。現代なら、高熱には抗生物質と点滴の投与で経過を見るところです。

 やいと(お灸)はもぐさを直に肌にすえることで病気を治療します。20代のちゃちゃだけでなく現代人でも熱くて眉をひそめる位苦手意識の強いものだと思います。当時それ以外選択肢はありません。お灸には、じかにすえる直灸、しょうがや塩を穴の上に置きその上からすえる隔物灸、棒灸のように穴から2-3センチ離してくゆらせる、針の頭にお灸の玉を載せて燃やす灸頭針などがあり病気によって使い分けます。

 さんまを送ったから食事をしっかりとって休養しなさい、今度能を一緒に見ようと手紙は続きます。

 歴史の一こまに、はりやお灸の話が登場するにはうれしいことです。安土桃山時代の鍼灸の隆盛に比べて、現代の鍼灸の廃れようが残念でなりません。

|

« 紫外線アレルギー | トップページ | ハワイアンミュージック »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38129/65574394

この記事へのトラックバック一覧です: 秀吉の手紙 やいと:

« 紫外線アレルギー | トップページ | ハワイアンミュージック »