« 服は着る薬  2 | トップページ | 近畿梅雨入り »

2017/05/29

逆立ち  (胃下垂)

 壁に向かって「えいっ」。

 小学校以来の逆立ちをするようになりました。胃下垂には逆立ちが効果的とずっと言われていました。

 下垂体質の人の腕を観察しました。自分の腕もよくよく観察しました。力こぶをつくる上腕二頭筋、上腕筋、上腕三頭筋、肘をはさんで腕とう骨筋などものを持ち上げる筋肉の貧弱なこと。もちろん重いものを持ち上げることもにがてです。針治療では、大腸経、小腸経、三焦経が腕の外側を走っています。

 一方の、胃腸が丈夫な人は、腕の太さ、筋肉の大きさが立派で見るからに力強いです。学生時代にラグビーなどをしていた体育会系の人、力仕事をしている人などのご飯の食べっぷりは胃下垂のわたしたちとは比べるべくもありません。

 自分の弱い胃腸を変えたいと40年越しの宿題を今しているようなものです。
そして天地が逆さまになって胃が持ち上がるのではなく、手に流れている胃腸にかかわる経、大腸経、小腸経から足の胃経に刺激が行くことによって、胃腸が活発になる。下垂が改善されるのだと思います。

 
 実際、疲れすぎたとき、おなかがゆるいときは、逆立ちの足を蹴る動作と手のツッパリ感がタイミングが合わず何としても逆立ちができません。その時はあきらめてまた次の日と。なんでもできた子供のころ、からずい分時が流れました。紆余曲折があり今の体調になっています。

 改善して少しでも長くはり治療が続けられたらと思います。

|

« 服は着る薬  2 | トップページ | 近畿梅雨入り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38129/65342901

この記事へのトラックバック一覧です: 逆立ち  (胃下垂):

« 服は着る薬  2 | トップページ | 近畿梅雨入り »