« バレエ 「人魚姫」 | トップページ | 冷蔵庫 »

2016/12/13

電気マッサージ器

 ぶるぶる、トントントン、ド.ド.ド.ド.ド。師走の電気屋さんでの待ち時間。  

 一番値段が高いマッサージ機を試してみました。メニューには、押す、たたく、揉む、さする、伸ばす、ストレッチ、を部位別に自由に何通りでもに選ぶことが出来ます。

 試しに、さすると伸ばすの2つをチョイス。

 マッサージ機は、はじめにわたしのからだの輪郭を感知。それからクルクルトントンと動き始めました。わたしは、マッサージ(すいなマッサージ、中国の医療マッサージ)をする方で、他のものを受けたことはあまりありません。機械といえど興味津々。

 ゆっくり肩から背筋にかけてローラーが移動しながら振動。腰の回転は機械らしく、ゆっくりもたもたまどろこしいくらい。思ってもみないところにローラーが当たり痛かったり。細身のからだにはこたえる時がありました。揉まれ慣れている人には、もっと強くもっと、もっととなるのでしょうか?時に、体調の問題でソフトタッチの方が良かったり。人のからだの要求は千差万別。マッサージ機の開発者の悩みはつきません。どれだけ人間のマッサージ師に近づけるか?

 そんなことを考えさせられる待ち時間。順番がきたので、強制終了のボタンを押しました。

 人間は、マッサージしたい時にマッサージに行き、嫌になったら人を替えお店を替え、ひと時の至福の時を過ごしたいと考えます。強制終了するのも人間の都合。機械もその能力を発揮するまでに至らずか。

 ○十万円のマッサージ機、真剣に買おうと思う人。○十万円分のマッサージ、何回行けるかしら?と考え込んでしまいました。

 

|

« バレエ 「人魚姫」 | トップページ | 冷蔵庫 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38129/64621923

この記事へのトラックバック一覧です: 電気マッサージ器:

« バレエ 「人魚姫」 | トップページ | 冷蔵庫 »