« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016/11/30

バレエ 「人魚姫」

 デンマークのコペンハーゲンにある人魚姫の像。その写真を見るたびに、アンデルセン童話の「人魚姫」を思い出します。

 地主薫バレエ団公演「人魚姫」を観にいきました。

 開幕前、全幕をどのように描き振り付けするのか楽しみにしておりました。人魚?海の中?魔女?考えれば考えるほどに想像がふくらみました。

 海の中。ブロンドの長い髪の人魚姫、5人の長い髪の姉たち、赤いロブスター、グレーのヒトデ、緑色のかめ、ホワイトシルバーの真珠、真珠貝、青いとびうお、赤いさんごに透き通ったくらげ。色彩豊かで愉快な魚たちの踊りに目をうばわれました。海の王を中心にわいわいガヤガヤ。それぞれ一目でそれとわかる衣装と振り付け。楽しく子供たちと観客を引き込む心にくい演出。さすがでした。

 15歳になった人魚姫は、竪琴を弾きながら海の上で美しい声で歌います。王子の乗った船が転覆し、人魚姫が王子を助けます。隣国の姫が介抱する時に目覚めるのは、いつもながらなんとタイミングの悪いことでしょう。  
 自分の尾ひれをながめ人間になりたい。2本の足で立ちたい。恋する王子のために。ひたむきな思いが踊りにあらわれていました。

 深海の魔女の海。暗黒。おどろしい赤黒いライト。魔女の声は先ほどの人魚姫の澄み渡る声の反対。低いが・ぎ・ぐ・げ・ご音。言葉のないバレエに生の声が吹き込まれ、質の高いミュージカルに変身。美しい声がバレエに組み込まれ目と耳と脳は気持ち良い。

 声のイメージに違わない魔女は、新国立劇場バレエ団プリンシバル マイレン・トレウバエフ氏。若いダンサーたちと一線を画し妖艶さを前面におどろおどろしく。しぐさがそうさせるのか?この魔女にかかると不幸になるのでは?人魚姫を止めなければ。誰もがそう思うくらい真に迫っていました。

 自分の尾ひれをながめ、2本のスラリとした足が欲しいと。せつない思いを抱く人魚姫。しかし、引き換えの声は王子と人魚姫を結ぶ大切なものなのに。

 深海にうごめくバイパーフィッシュ、ウツボ、チョウチンアンコウ、スケールワーム、コウモリタコ、ウミグモ、ラブカ、など、海の図鑑をひも解かないと出てこない生き物たち。衣装の独創性は言うにまでもなく、ていねいにそれらしく振付けるのにはおそらく多大な時間を費されたことでしょう。コルサレフのシェヘラザード第一楽章「海とシンドバットの船」を使用したと明かされ、ぴったりしっくりする曲探し旅。たいへんな動力に頭が下がりました。

 人魚姫は望みどうり王子のそばへいけても、本当のことを伝えることが出来ないジレンマに苦しめられます。心がちくちく痛む時間の長いこと。姉たちが苦労して手に入れた短剣も海に捨て、自らも海の藻屑となって・・・。

 天国への階段をのぼりゆくときは、シルフィードたちの白い衣装がまぶしく優しく人魚姫を包み込みます。悲しい結末には、浄化された白が良く似合いました。

 海の青、深海の暗黒、陸の土、豪華な宮殿、白無垢の天国の階段。それぞれに合わせた衣装が洗練されたダンサーたちの動きを一層引き立たせていました。生声の効果音は、余韻となり今でもはっきり耳に残っています。人魚姫の可憐な踊りの魅力と重なり物語の悲しさを一層増すことになりました。何度見ても楽しい人魚姫の新しいキャラクターたち。ロブスターやヒトデたちのからみは笑いを誘い、一服の清涼剤。一年間の猛練習は、彼らを決してを裏切らない、すばらしい出来栄えとなっていました。

 ブラボー。

 生オーケストラ、衣装、ダンサー、照明、舞台背景など、どれが抜けても「人魚姫」は語ることができません。年に一度しかバレエに接することがないわたしです。地主薫バレエ団のこの一年の飛躍は言葉で言い尽くすことはできません。

 最後に。私たちの席の前に親子づれが座っていました。お母さん、おねえちゃん、3歳くらいの男の子。その男の子が、休憩時間に、ダンサーを真似て、片手を上げてしきりに姿(しな)を作って背中を反らせているではありませんか。何度も何度も。わたしが語るより子供たちの反応がその出来栄えのすばらしさを物語っているのではありませんか?

 未来のプリンシバル候補がそこにいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/11/21

お大師さん

 ぞろぞろぞろぞろ、JR天王寺駅から四天王寺へ行く道はたくさんの人で前へ進みません。

 今日は、11月21日、弘法大師の月命日。お大師さんの日は先祖供養をかねてお参りする人が絶えません。

 歩いている人は、ほとんどが年配の人たち。杖を付く人。お互いに寄り添ってゆっくり歩く人。車椅子を押している人。ご婦人が多い。参詣までの道々には、腰サポートベルト、膝当て、年配向きの靴、ドライフルーツ、乾物、古着等々。整骨院の前には、痛みに関するポスター。薬屋の前で、売り子さんが、千年灸の実演。

 お参りする人々の日常の思いの的を得たような参詣道。お大師さんに先祖供養をお願いしつつ、自分たちの身体のあちこち不自由を解消してくれるような錯覚が交錯して賑わいを見せていました。

 人々には、お参りの功徳、お賽銭を投げ入れる行為、お大師さんに参りに行けた満足感、往復歩けた実感などが健康の秘訣になっているものと感じました。

 秋の一日、ぞろぞろぞろぞろもいいものだと思いました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/11/13

乾燥

 恒例の干し柿作りがひと段落しました。たくさんのスライス干し柿が作れました。

 ということは、空気が乾燥しているということです。エアコンをつけた部屋の湿度は、40パーセント前後となってのどの渇きや不快感が。顔の乾燥も気になるところです。

 北欧で暮らしていた知り合いが、この時期は、一ヶ月にひと瓶の保湿クリームを使い切ると話していました。注意して見てみると、手足が乾燥のためかさかさになっています。べたべた塗りつけるのはきらいなわたしですが、北欧の例を参考に保湿クリームを塗るようにしてみました。

 まず、お風呂に保湿系のバスミルク、湯上り後、手足の気になるところに保湿クリーム。秋の養生は、豚肉を食べるでした。冬に向けての豚肉ですが、その性質は、滋陰でお肌はしっとりします。豚足を鶴橋のコリアンタウンで買ってきて食べたらいいよと患者さんに教えています。乾燥がつらいアトピーの人には特におすすめしています。

 この時期のはり治療は、どうでしょう。夏に摂りすぎた水分を空腸や回腸を動かし排出させ、燥気(今の時期を燥気といいます)のやや乾燥ぎみに合わせるか、乾燥がすすみ枯れすぎた体調を元にもどすかの選択になります。

 いずれにしても、乾燥のしすぎはいけません。からだにとって、ほどほどの乾き具合が内外ちょうど良いということになっています。

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/11/02

正倉院展

 正倉院展に行ってきました。 

 待ち時間10分。この日この時だけは、奈良の都のみやこびと。聖武天皇のゆかりの品々にうっとりでした。会場は、時がタイムトリップして現代と奈良時代と行き来しているようで不思議な空間になっていました。周りの人たちも熱に浮かされたようにたちどまったり、歩き回ったり。

 ひときわ大きな幟(のぼり)は、聖武天皇一周忌法要で飾られた大幟。色鮮やかに風にはためく様子が目に浮かびました。

 奈良時代の貨幣、和同開珎。人々が日々の生業の中で使われていたものと思うと重みずっしり。

 ポスターにもなっている漆胡瓶(しっこへい)はペルシア風水差し。中国唐代に制作されシルクロードの終着点、奈良の都に伝わりました。

 帰りは、奈良公園を横切り、興福寺、猿沢の池を回りました。熱におかされたみやこびとは、広大な公園をゆったりした歩幅で歩くことで平常心に戻りました。

 快い疲れがでて、その夜は早めにまぶたが重くなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »