« 猛暑日 | トップページ | 初めてのはり 小学5年生 »

2016/07/14

猛暑日 2

 大阪の梅雨明けの平均日は7月21日。晴れると梅雨とはいえ猛暑日に近い気温になります。

 先日、予想最高気温34度の日中1時間半ほど歩きました。地図を見ながら目的地までの道のりの近そうで遠かったこと。普通ならなんてことの無い距離なのですが、猛暑日一歩手前。UVカットの日傘とお茶を持って半分の距離を歩くまでにタクシーに乗っていけば良かったと後悔。

 スーパーで涼み、汗を冷まし、気持ちを整えて最後まで歩きました。帰りはもちろんタクシーで帰りました。

 家にたどり着いて一休みするも、気分がすぐれずしばらくベットから起きることができません。軽いめまい、頭痛そしてぐったり感。

 まずいなあ。

 差し迫った夕飯の支度にかかりました。冷蔵庫の中で目に付いたミニトマトを一粒口に。続いて、胡瓜を一気にポリポリ。塩をつけてポリポリ。暑さのために枯れた様なからだの中に染み渡るような感じが心地いい。先ほどまでの気分の悪さがなくなりました。胡瓜もトマトもからだを冷やして滋陰してくれ、塩がからだから抜け落ちた塩分を保湿と言う効果で補ってくれたものと思われます。

 食べて即効がありました。お茶だけでは猛暑日の大汗には対処できないことを学びました。飲む点滴のOS1やポカリスエットのたぐい、塩あめ、梅干いり番茶など工夫することで軽い熱中症はふせぐことができます。

 大汗をかいている時の自分の腕を舌でなめてみました。しょっぱい味がしていました。ここで早めに気づくべきでした。

 良い子は、タクシー代をケチってはいけません。また炎天下長時間歩けると過信してもいけません。

|

« 猛暑日 | トップページ | 初めてのはり 小学5年生 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38129/63913785

この記事へのトラックバック一覧です: 猛暑日 2:

« 猛暑日 | トップページ | 初めてのはり 小学5年生 »