« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016/07/28

ぬか床

 食欲のない時の胡瓜のぬか漬け、それだけで胃腸が休まる心地がします。

 夏場には必ずぬか漬けを作ります。今年は早めに漬けて胡瓜、水ナス、大根とたくさん食べました。

 少し飽きたので、冷蔵庫に入れてゆっくり漬かるようにしてみました。毎日ぬか床に手をいれてかき混ぜていたのが、二日、三日と間があくようになりました。

 昨日、久しぶりに出してみました。ゆっくり漬かるにしても、何か匂いと味がおかしい。美味しい匂いがしません。かびくさいような・・・。ねったりした灰色、匂いが臭いにかわっているではありませんか。ふかふかの黄金色のぬか床はどこへいったのでしょうか?

 漬物は、通常毎日手を入れてかき混ぜて空気(酸素)をいれることが大切です。低温で発酵時間を遅くするにしても空気を入れることを忘れていました。

 同じでないかもしれませんが、真夏日のこの頃、クーラーの効いたオフィスのなかにいるOLさん達の日常を思いました。発酵を遅らすような秋冬の温度環境、陽に当たらないなど。夏らしさとは程遠い生活は、匂うような若さを停滞させていることでしょう。

 冷蔵庫の胡瓜は時間の経過とともに古漬けになっていました。水につけて塩出しをして、おろし生姜と醤油で味を整えて食べると美味しい。へたったぬか床は、2-3日常温に置いてよくかき混ぜると復活しました。ふかふかです。

 オフィス生活の皆さんは、夜しっかりお風呂に入りその日のうちに冷えをとっておきましょうね。できましたら、陽にあたる時間もつくり元氣を取り戻してください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/07/21

初めてのはり 小学5年生

 顏半分隠れるほどの大きなマスク。咳き込んだらなかなか収まらない咳。ごろごろ痰の音。

 夏休みはもうすぐのある日。k君はお母さんに連れられてはり治療に来ました。38度の熱が1週間続き、病院でマイコプラズマ肺炎と診断を受けました。
 
 抗生物質で解熱したものの咳がひどい、元氣がない。夏休み入ってすぐに臨海学校があり遠泳を泳ぎたいといいます。たとえ泳げなくても合宿に参加したいという希望でした。

 夏休みの臨海学校、病み上がりのK君を何とか元氣にして合宿に行かせたいお母さん、そして行きたいK君。初めてのはり治療でした。少々のことは我慢すると約束してきたといいます。

 初めに小さなはりを見せました。それをk君の足のところでサラリと接触させました。「どうもないでしょう?」

 うなずくK君。

 それから細心の注意を払ってはりをしました。内庭、尺沢、復溜、衝陽。痛くないことを顔で確認しながら5分以内で。治療後、平気な顏でベットから出てきました。今度一人で来れるといってくれました。

 2日後に来た時は咳も痰もほとんどなくなっていました。子供の回復力はすごい。

 これから何かあればはり治療が選択肢の一つになってくれたらいいなぁと思いました。

 小学生からはり治療に来る子供は少なくなりましたから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/07/14

猛暑日 2

 大阪の梅雨明けの平均日は7月21日。晴れると梅雨とはいえ猛暑日に近い気温になります。

 先日、予想最高気温34度の日中1時間半ほど歩きました。地図を見ながら目的地までの道のりの近そうで遠かったこと。普通ならなんてことの無い距離なのですが、猛暑日一歩手前。UVカットの日傘とお茶を持って半分の距離を歩くまでにタクシーに乗っていけば良かったと後悔。

 スーパーで涼み、汗を冷まし、気持ちを整えて最後まで歩きました。帰りはもちろんタクシーで帰りました。

 家にたどり着いて一休みするも、気分がすぐれずしばらくベットから起きることができません。軽いめまい、頭痛そしてぐったり感。

 まずいなあ。

 差し迫った夕飯の支度にかかりました。冷蔵庫の中で目に付いたミニトマトを一粒口に。続いて、胡瓜を一気にポリポリ。塩をつけてポリポリ。暑さのために枯れた様なからだの中に染み渡るような感じが心地いい。先ほどまでの気分の悪さがなくなりました。胡瓜もトマトもからだを冷やして滋陰してくれ、塩がからだから抜け落ちた塩分を保湿と言う効果で補ってくれたものと思われます。

 食べて即効がありました。お茶だけでは猛暑日の大汗には対処できないことを学びました。飲む点滴のOS1やポカリスエットのたぐい、塩あめ、梅干いり番茶など工夫することで軽い熱中症はふせぐことができます。

 大汗をかいている時の自分の腕を舌でなめてみました。しょっぱい味がしていました。ここで早めに気づくべきでした。

 良い子は、タクシー代をケチってはいけません。また炎天下長時間歩けると過信してもいけません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/07/05

猛暑日

 梅雨明け宣言まえに35度の猛暑日になりました。

 本来暑い国なら昼寝タイム、のところ、仕事をしていました。

 こんな日は クーラーにはいって飲む水分を減らすか、少し外に出て汗をかくか?というところですが猛暑日はいけません。屋内でしっかり水分をとっておとなしくしているのが賢明です。

 からだが、夏のあつさになれていませんから。

 冷たいものが欲しくなったらきゅうりやトマトを口にするとのどの渇きがとまります。冷たい氷のはいった飲み物ばかりだとお腹の中はだぼだぼ。手足や瞼がむくみます。夜の半身浴で汗をだすようにしてみてください。

 ゴーヤ、酢の物、豚肉などは、からだをひんやりさせます。

 やっと夏の養生の出番となりした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »