« もの悲しい? | トップページ | 天高く »

2015/09/28

子宝のはり 4

 不妊外来の待合でベーネ治療院の名前を聞いてきたという方がおられました。

 3ヶ月前に治療していたK子さん(35歳OL)が無事に妊娠されたのだろうと確信しました。

 K子さんは、仕事帰りにいつもはり治療に来られていました。体外受精をするXデーのために、数ヶ月前から基礎体温表を見ながらはり治療の予定を立てていました。

 生理が終わったらすぐに来る。低温期維持と不妊本来の体調アップをはかります。
 排卵前に一度来る。 子宮の壁を厚くすることにより着床しやすくします。
 高温期維持のために一度くる。 約2週間36度7分以上をキープします。

 1ヶ月のグラフの中で、3つの時期にはり治療をして基礎体温の安定と十月十日赤ちゃんがおなかに居れるようなからだを作りをします。K子さんには、赤ちゃんは子宮というお家が居心地が良くないと下りてしまうこと、それは、例えば北海道仕様よりは南国沖縄仕様のほうが良いということを伝えていました。

 Xデーに当たる月、ドクターの指示にしたがいながら、移植の数日前に最後の体調アップのはり治療をしました。

 帰り際、安心したような顔で帰られたK子さんの横顔が忘れられません。来年春の吉報をお待ちしています。もし、妊娠中につわりがひどければ是非はり治療に来てくださいね。

 

 

 

|

« もの悲しい? | トップページ | 天高く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子宝のはり 4:

« もの悲しい? | トップページ | 天高く »