« はまった? | トップページ | はまった?  3 »

2015/08/30

はまった?  2

 「はりをして次の日が良いねん」

 はり治療にはまられたOさんの治療4回目のお言葉。

 というのも、他の経営者の方にもれず批評は非常に辛口です。一般のお話をしていても的確な判断とするどい切り口、観察もするどい。人物評価も厳しい。この見方でわたしたちのはり治療も見られていたのかと思うと緊張がはしりました。

 一方のわたしといえば、Oさんの偏頭痛の状態、薬の服用具合、蓄膿の痰や鼻水がどうなのかを聞きながら、脈や顔色、腹診などをおこないます。その場ではよくわからないけれど次の日にいつもより調子が良いことに気づいてくれていました。

 からだの変化は、はり治療後内臓や細胞のそれぞれの持ち場が高まってハーモニーをかもし出すのに人により時間差があります。子供やよく運動をして代謝が早い人は早く調子の良くなるのが実感できることが多く、年齢やその他の条件によりまちまちです。

 また、冬より春、夏、秋の季節がからだが元気になりやすく病気を治すには良い季節となります。生きとし生きるものが活動しているからなのですが。

 そんなことを考えながら一生懸命はり治療をしています。Oさんのからだの変化を探る中、不整脈が落ち着きをとりもどし各内臓の部署が円滑に動いているのを確認して今回の治療終了。

 「また来週きたほうが良いかな?」と次ぎの予約をとって帰られました。

 

 

|

« はまった? | トップページ | はまった?  3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38129/62183172

この記事へのトラックバック一覧です: はまった?  2:

« はまった? | トップページ | はまった?  3 »