« 花粉症 | トップページ | 五十歩百歩 »

2015/03/16

日展

 Img_0798


「危ない・・」後ろに下がってきた人に車椅子が当たりそうになりました。危ないなぁ。後ろに車椅子があることに気づかないなんて。

 改組 新 第1回 「日展」大阪市立美術館(天王寺公園内)に行ってきました。

 その絵は、正面近くでは普通の白い山。後ろに下がるほどに大きさと迫力が増す、そんな作品。タイトルは「白い朝 赤岳」。思わずわたしも車椅子とともに後ろに下がってしまいました。人がいないのを確かめて。

 西洋絵画の部、油絵、大きな画面に浮き出る雪をかぶった赤岳。3Dを見るような迫力でした。その迫力が人を圧倒し、もっと良い位置で見ようと無意識後ろに下がらせるのか?。特選のシールがまばゆく名前の横に貼られていました。平面が特殊めがねをかけないで距離により3Dに変化する技術、すごい。赤岳の雪の朝の荘厳な感覚が伝わってきました。季節、時間、張り詰めた緊迫感、洗われる心、重量感、圧倒される、言葉では言い尽くせない、下がって必死でそれを受け止めようとする自分。ぎりぎりに拮抗できる距離に立つと、すべてが静かにたたずむ赤岳になって見えました。

 久しぶり心を揺さぶられる作品に出会いました。日本画、工芸、彫刻と入選作品を鑑賞し、最後にもう一度赤岳を見ました。絵葉書を買おうとしましたが、小さくまとまった写真のようでとても買う気にはなれませんでした。

 

|

« 花粉症 | トップページ | 五十歩百歩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日展:

« 花粉症 | トップページ | 五十歩百歩 »