« 五十歩百歩 | トップページ | 食べる力(胃の気) »

2015/03/30

コップの水(腎精)

 両親からもらったコップの水を腎精といいます。

 子供の頃、あふれんばかりの水(腎精)がコップに入っていました。ぷくぷくしたなめらかな肌。黒々とした髪の毛。柔らかな筋肉。柔軟な心。

 コップの水をくみ出すとどうなるのでしょう?言い換えれば、夜更かし、徹夜、夜勤、流産、堕胎などをくりかえすと早く老化するということです。

 K子さん(50歳シェフ)は、個人でレストランをしています。週に3-4日季節のコース料理を一人でつくりあげます。。1日15-20人分を前日より徹夜をしても間に合わない綱渡りをしています。

 コップの水は、枯れてしまってくたくたになってはり治療に来られます。

 「今週は何時間寝ましたか?」

 「一昨日は30分、昨日は、1時間」と平気でおっしゃる。

 ぐったりベットに横たわるK子さん、顔のつや無し、眉間にきざまれた深いしわ。時間との戦いに疲れ果てた様子。人に任せるることができない性格が今の危機的状況を作り出していました。

 何回かははり治療でコップの水を戻すことができました。それを良いことにお客さんの数が増え、からだが言うことをきかなくなりました。はり治療でも水を満杯にしてもどすどころか、半分を入れるのに2時間以上かかるようになりました。K子さんの仕事の状況がストレートにからだに現れていました。

 見るに見かねてコップの水、子供の柔らかな筋肉、柔軟な心の話をしました。老化は、K子さんのからだをむしばみ、肩、背中、腰、膝、足首の痛みが出ていました。わたしの家の今年90歳になるおばあちゃんでもそこまで言わないくらいたくさんの症状です。

 K子さんに、「人に任せるところは任せ、K子さんにしか出来ないことをしてください」という提案をしました。柔軟な心を取り戻してくれたら良いのですが。

 

 

|

« 五十歩百歩 | トップページ | 食べる力(胃の気) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38129/61363594

この記事へのトラックバック一覧です: コップの水(腎精):

« 五十歩百歩 | トップページ | 食べる力(胃の気) »