« 地域に根ざす | トップページ | 日展 »

2015/03/10

花粉症

 早く暖かくなって欲しいと願う一方で、目が痒い、鼻が詰まる、のどがイガイガする、頭が痛い、という憂鬱な季節がやってきました。

 寒くても、雨が降っても、花粉と言う敵は手を緩めようとはしません。それどころか、中国大陸からPM2.5を含んだ黄砂が飛来し花粉とのミックス形も有り得ます。

 それを受け取る方はどうでしょう?

 花粉は、パン、甘いお菓子、イモ類、お餅、おかきなどを常食する人に多くまとわりつきます。これらのものを食べると、たくさんの水分が必要です。飲んだ水分に代謝が追いつかないと、粘膜という粘膜が腫れてしまいます。そこに花粉がしっかり付着する訳です。

 花粉症の人は、今の季節上記の食べ物は控え、パンはご飯に、食事の量などを控えると症状が緩和されます。はり治療も有効な手段の一つです。花粉対策には、マスク、ゴーグルめがね、鼻洗い、甜茶、べにふうき茶など。あまりにもひどい時には、耳鼻科に行って薬をもらうという選択肢もあります。

 スギ花粉が終われば、ヒノキ花粉、さつきつつじと続きます。春風を手放しで喜べない事情がある人は是非ともご一考を。

 

|

« 地域に根ざす | トップページ | 日展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 花粉症:

« 地域に根ざす | トップページ | 日展 »