« 異文化交流 歌舞伎 3 | トップページ | 地域に根ざす »

2015/02/23

春節

 爆竹のけたたましい音が鳴り響く、旧正月の風物詩。春節の期間、日本にやって来るアジア、中国、台湾の人たちの膨大な数。お祭り気分の彼らと平常のわたしたち。どこでつながっているのでしょうか?

 旧暦ではり治療でつながっていました。

 待ちに待った旧正月。お餅7日間の解禁日です。一年の始まりの立春から旧正月。太陽の光はゆっくりとその明るさを増し陽気が巡るようになります。その温もりは、人の胃腸を元気付け、生まれたエネルギーは生きる力をもたらします。お餅は格好の食材であったわけです。

 新暦の1月1日に食べたお餅は、太陽の光も弱くからだを回す陽気がありません。胃腸の消化不良でもたれるばかり。体重増加には貢献しますが。

 春節の爆買いがニュースの話題になっています。あのたくましいエネルギーの10分の1程でもお餅によって得られないものかと思います。

 痰や咳、この時期から始まる花粉症が出てくるようでしたら、七草粥で春節は終わりにしてくださいね。

|

« 異文化交流 歌舞伎 3 | トップページ | 地域に根ざす »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春節:

« 異文化交流 歌舞伎 3 | トップページ | 地域に根ざす »