« 温めたい 3 | トップページ | 肩こりをがまんしてませんか? »

2015/01/05

大食い世界一決定戦

 皆様、新年いかがお過ごしですか?

 大食い世界一決定戦が新年早々放映されました、クリスマス、お正月とおなかが一杯の折、フードファイター達が脅威の食べっぷりを繰り広げるのを見て自分のおなかの満腹御礼を感じましたでしょうか?

 日本、米国、中国、オーストラリアからの大食い世界一を決める戦いに、日本、米国が勝ちあがってきました.
前回のリベンジを計るべく、日本は、6年ぶりにあの初代爆食女王ギャル曽根さんが復帰、一児の母になった彼女は果たしてかつての勢いを取り戻すことが出来たのでしょうか?

 決勝戦前日、米国チームはマシンによるウエイトトレーニングに汗を流していました、対中国戦で食べたものをしっかり消化するかのように.。

一方の日本チーム、ストリート見て歩きの余裕のオフタイム。

 決勝戦当日、新生ヤングジァパンは、1勝2敗で負けてしまいました。ギャル曽根さんのまさかの敗退、日本最強王者、山本卓也君はポークスペアリブ対決にて大敗を喫しました、勝者アメリカの異次元女王モリー・スカイラーさんは、30分9kg、1本10秒のペースで食べたことになります。

 20代の若い力を結集して臨んだ日本チームがどうして?

 敗因はすぐわかりました。

 大食いの能力は両チーム互角だと思います、その差は、前日の執念のウエイトトレーニング、アメリカチームは、食べたものを完全消化させ、さらには、胃に活力をつけ、からだ全体で消化力を上げていました、日本チームの散歩がてらのウオーキングとは心構えも気魄も違っていたといえるでしょう。

 はり治療院には大食い選手権に出るような人は来ません、少量のものでも食べて痞える、胃弱と言う人がほとんどです、アメリカの選手に習って体中を使って消化に努めるという奥の手はありだと思います、腹筋がつき消化能力は倍増することでしょう。

|

« 温めたい 3 | トップページ | 肩こりをがまんしてませんか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38129/60917031

この記事へのトラックバック一覧です: 大食い世界一決定戦:

« 温めたい 3 | トップページ | 肩こりをがまんしてませんか? »