« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015/01/26

 お餅はまだ?

Substandardfullsizerender_1


 大寒が過ぎ節分、そして2月4日の立春まで1週間あまり。

 いよいよお餅を食べられるのか?と喜んでおられる皆様へ。

 残念ながら今年は、立春の次の雨水2月19日が旧正月にあたります。立春で春のきざしが見えるも、太陰暦のお月様はそれから15日目でやっと新月となり旧暦1月1日となります。

 この15日間は、大晦日までの15日間。一年の中で最も胃腸の動きが弱るといわれています。胃腸を動かす陽気が全く無くなるためです。

 明けて旧正月になると、一年の陽気が回りだし胃腸がしっかり動き始めます。旧1月7日の七草まではお餅を存分に味わってください。一年のからだの滋養をとってください。

 ただし、声に痰がからんできたり、小便が出にくくなってきたらその時点で胃腸を休める七草粥でお正月は終わりです。

 都会では、あまり縁のない旧暦のお正月。地方では、大々的にお正月です。農家や伝統行事を行う際には旧暦でないと不都合を生じます。明治の初めまではこの暦で生活していましたから。

 新暦に合わそうとしても、からだが旧暦に反応するとしたら、からだの声に素直に耳を傾けてあげることも必要かと思います。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/01/19

異文化交流  歌舞伎

 Substandardfullsizerender


「成駒屋」 舞台の後方から声がかかります。松竹座 壽初春大歌舞伎、昼二幕、廓文章「吉田屋」中村鴈治郎の登場。

 初めて歌舞伎を見に行くことになるには訳がありました。数日前、ある人がはり治療に来られました。謡をうたうのに声が枯れる。同時に首が痛む。60歳男性。

 朝、水シャワーをあびて仕事に行く。謡をうたう(歌を歌うと勘違いしてしまいました。すみません。)。カルテを見て朝シャワーを指摘しました。湯冷めとなり、風邪をひき易くなる、からだの芯が冷える、逆気して重心が上になり丹田に力が入りにくい、汗がもれる。実際、謡をうたう時大汗が出ると言われました。

 どんなきれいな声で歌っているのですか?松竹座に出ているから見に来れば良い。と言うちぐはぐな会話。話の端々に格式の高さと威厳がある、その上こちらの言うことにはあまり耳を貸さない。養生法を言っても相槌は決して打たない。言葉のキャッチボールがとても難しい人でした。

 その人は、舞台横中央でマイク無しで声をはりあげてうたいをされている義太夫。竹本OO太夫さんでした。

 歌舞伎のいろはを知らず、東洋医学のいろはを伝えることができず、話はかみあわず、不思議な異文化交流でした。わたしのはり治療の一生懸命さだけは伝わったでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/01/12

肩こりをがまんしてませんか?

 肩がこったらあなたはもみほぐしたら良いと考えますね。家族の人の肩をもんだり反対にもまれたり。

 ひどい肩こりになるとそうはいきません。マッサージや整体、整骨院に行くという人が多いです。

 はり治療という選択肢を思い浮かべる人が少ないのはなぜでしょうか?

 もみほぐしてもすぐ肩がこってしまうのはそれなりに訳があるのです。

 風邪をひいている時、いくらもんでも風邪を治さない限りすっきりしません。朝シャワーなどのシャワー生活の人にもあてはまります。湯冷めからしばしば風邪引き状態になってしまうからです。

 眼精疲労や生理の後、血が足らない時、これらの理由を治さないと肩がこります。

 お菓子、ケーキ、パン、イモ、もちなどの炭水化物が大好きな人は、食べたら食べただけすぐに肩がこってきます。肩にドロ血がしっかりたまって岩のようなしつこい肩こりになっている人、あなたがそうです。

 肩をもんでもらって、すきなケーキを一個食べるだけで肩こりをすぐに再現することができます。

 はり治療では、痛くてこっている肩にはりをすることはあまりありません。風邪をひいていれば風邪の治療をするだけで肩がすっきり。血が足らなければ増やすはり治療を。炭水化物のとりすぎの人は、胃腸をしっかり動かさないと肩こりはとれません。そのため胃腸を動かす整体をしてからはり治療をします。

 もっともやっかいなのは、上記のミックス型でしょう。すべてが重なる肩こりは最強といえます。マッサージで強くもまれて肩にタコができている若いOLさんが良く来られます。こる理由を教えてあげて、肩のこらないからだにもっていくのが本当の治療だと思います。

 はり治療では、それが可能です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/01/05

大食い世界一決定戦

 皆様、新年いかがお過ごしですか?

 大食い世界一決定戦が新年早々放映されました、クリスマス、お正月とおなかが一杯の折、フードファイター達が脅威の食べっぷりを繰り広げるのを見て自分のおなかの満腹御礼を感じましたでしょうか?

 日本、米国、中国、オーストラリアからの大食い世界一を決める戦いに、日本、米国が勝ちあがってきました.
前回のリベンジを計るべく、日本は、6年ぶりにあの初代爆食女王ギャル曽根さんが復帰、一児の母になった彼女は果たしてかつての勢いを取り戻すことが出来たのでしょうか?

 決勝戦前日、米国チームはマシンによるウエイトトレーニングに汗を流していました、対中国戦で食べたものをしっかり消化するかのように.。

一方の日本チーム、ストリート見て歩きの余裕のオフタイム。

 決勝戦当日、新生ヤングジァパンは、1勝2敗で負けてしまいました。ギャル曽根さんのまさかの敗退、日本最強王者、山本卓也君はポークスペアリブ対決にて大敗を喫しました、勝者アメリカの異次元女王モリー・スカイラーさんは、30分9kg、1本10秒のペースで食べたことになります。

 20代の若い力を結集して臨んだ日本チームがどうして?

 敗因はすぐわかりました。

 大食いの能力は両チーム互角だと思います、その差は、前日の執念のウエイトトレーニング、アメリカチームは、食べたものを完全消化させ、さらには、胃に活力をつけ、からだ全体で消化力を上げていました、日本チームの散歩がてらのウオーキングとは心構えも気魄も違っていたといえるでしょう。

 はり治療院には大食い選手権に出るような人は来ません、少量のものでも食べて痞える、胃弱と言う人がほとんどです、アメリカの選手に習って体中を使って消化に努めるという奥の手はありだと思います、腹筋がつき消化能力は倍増することでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »