« 家族写真 | トップページ | 大食い世界一決定戦 »

2014/12/29

温めたい 3

 寒い日の朝、何を着ていこう?と思うこの頃。基本を間違えなければ暖かく過ごすことができます。

 皆さんは、素肌の次に何を着ますか?

 おじいちゃん、おばあちゃんは、ラクダのパッチと答えるでしょう。アンゴラやウール100パーセントなら最強です。

 お肌にアレルギーを持っている人には、痒みが出ない綿、シルク、ウール、テンセルなどの天然ものが必須です。

 普通の人は、ヒートテックのように肌に密着させ、からだから発散する蒸気や汗を上手に保温にまわす下着を愛用していることでしょう。家の中でじっと動かない生活をしている人にはあまり暖かさを感じないことがあるといいます。外で動ていると暖かい。

 ここで大切なことは、衣服内気候というものです。素肌からコートまでの間にどれだけ暖かい空気を含ませるか?なのですモコモコのウールのセーターの上にダウンのコート。コートを脱いだ時に温かみがふわりとからだから逃げる感じが分かりますよね?それだけ保温しているということです。

 昨今の繊維革命には目をみはるものがあります。それぞれのライフスタイルにあったものを選んでください。

 わたしの究極の冬のスタイル。2重がーぜの下着、薄手のウールのハイネックセーター、体調の悪い時は、背中にタオル一枚はさむ、ダウンジャケット。基本三枚。要は、どれだけ衣服内気候を保つか?というところです。

 大阪ではこれでいけますが、雪の降る寒い地方はこの限りではありません。もう少し重ねて保温性を上げてくださいね。適度の運動は、からだを温め、衣服の中へ暖かさを補充してくれます。

|

« 家族写真 | トップページ | 大食い世界一決定戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38129/60888466

この記事へのトラックバック一覧です: 温めたい 3:

« 家族写真 | トップページ | 大食い世界一決定戦 »