« 魔女の一撃(ぎっくり腰) | トップページ | 温めたい »

2014/12/01

魔女の一撃(ぎっくり腰)  2

 Img_0090


突然に腰の軸(背骨)が曲がってしまって歩けないことを想像してください。

 魔女は腰のど真ん中を一撃。芯の折れた花が頭をたれてしまうように腰は前に折れ曲がり、姿勢をまっすぐにすることができません。腰が立たないとはこうも人を不自由にするものでしょうか?

 総院長にはり治療をしてもらいました。折れ曲がった腰に柔軟性のある透明な芯、これが背骨のど真ん中にやんわり入る感じ。曲がった箇所がゆっくり持ち上がる、何度もそれを繰り返すうちに、花が下からの水を吸い上げて生き返るように、腰もまっすぐになりました。

 人がまっすぐを保つために任脈と督脈が前と後を縦に走っています。魔女は、わたしの背部の督脈を襲いました。その異常は手の後渓穴を取穴。つづいて、軸の左右を補強するために手足の腰腿点に取穴。痛む腰には手掌でやさしく圧法のみ。じんわり圧が加わると痛みが四方に散っていく感じがわかりました。

 あとは、再発を防ぎ、軸をより強固にするためにコルセットをはめて固定です。

 復帰後、ぎっくり腰の患者さんが来られました。一生懸命治療することができました。

|

« 魔女の一撃(ぎっくり腰) | トップページ | 温めたい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38129/60744743

この記事へのトラックバック一覧です: 魔女の一撃(ぎっくり腰)  2:

« 魔女の一撃(ぎっくり腰) | トップページ | 温めたい »