« 腰痛  (体重節痛) | トップページ | 台風予報とからだ »

2014/10/06

生理不順

 台風が去って湿気を吹き飛ばしてくれました。吹きかえしの風は涼しいというよりは肌寒い。夜遅く帰る人は厚手の上着が必要です。

 今年の夏はなかった感が強いのですが、すっかりそのつけは19歳の娘にまわってきました。自活している次女が久しぶりに帰ってきました。

 生理痛がひどく婦人科でピルの処方を受けているとのこと。生理周期が45日。デパートの婦人服の売り場に勤めていて一日中クーラの中。夏の間ほとんど外へ出ない生活でした。

 「このままだと不妊症になるといわれたのでピルを飲むことに決めた。それから、お医者さんに職場ではズボンを着用するようにという診断書を書いてもらった」とスキニーパンツをはいていました。

 一年目を離した間に体調が激変していました。生理周期を普通にもどすためにピルで調節する、というのが今の婦人科の主流になっているようです。自分のからだのことを母に相談しないで決めたこと、親離れのなせる業かと思いましたが大ショック。

 治療は、生理時に黒い塊が出るお血と、血が少ない血虚と診断。左右の三陰交、左右の太衝の穴にはりを打ちました。ピルは飲むとして、家にあった桂枝ぶくりょう丸(お血をとる)、四物湯(血虚をとる)を飲むようにいいました。確かにこのまま放っておくと不妊症、子宮筋腫や卵巣膿腫などの温床になるところでした。2-3ヶ月ピルと漢方薬との併用で様子を見ようと思います。

 暑がりだった娘が、ズボン着用で仕事をしている姿。クーラーの影響恐るべし。夏がなかった今年のこれから訪れる冬の寒さ、皆様侮る事なかれです。

|

« 腰痛  (体重節痛) | トップページ | 台風予報とからだ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 生理不順:

« 腰痛  (体重節痛) | トップページ | 台風予報とからだ »