« 子宝のはりと「不妊治療大国」ニッポン | トップページ | »

2014/07/07

ネットのはり治療法  のど痛

 サッカーW杯ブラジル大会ベスト4の激突が繰り広げられています。連日の夜中からの観戦お疲れ様です。

 U子さん(39歳OL)は予約の電話からがらがら声。2日前、湿気で寝苦しいため除湿をかけて寝てしまいました。朝起きると、乾燥しすぎたせいかひどいのど痛。薬局でのど痛の漢方薬、銀ぎょう散を買って服用。会社もなんとかその日は仕事ができました。

 夜になってまた症状がひどくなって、ネットのはり治療法を調べました。背中とのど付近に千年灸をすえ、手の少商穴(のどの炎症を取り痛みを取る)に縫い針でしゃ血(いつもわたしがはり治療しているのを見ていたとのこと)。夜中に熱が38度9分まで上がり次の日はさすがに病院で点滴と抗生物質のお世話になったとのこと。

 途中まではU子さん自身で行った治療でうまくいっていました。どこで悪化してしまったのでしょうか?

 ネットのはり治療ののどの後ろ辺りの背中を千年灸で温めるのはOKです。炎症をおこしているのど付近を温めたことは反対に熱を持つことに。それだけでは38度を超える熱?おかしいなぁ???

 「昨晩の夕食は何を食べましたか?」

 「のどが痛すぎてケーキを2つ。柔らかくて食べ易かったから・・・。」

 悪化の原因はバターや生クリームをふんだんに使って作られたケーキでした。胃腸に入ると腸に熱がこもり高熱が出て手がつけられない状態。 

 U子さんは医者からもらった抗生物質の服用により微熱を保っていました。わたしのはり治療は、列欠ー照海で任脈を整えのどの熱と痛みをとる。合谷ー復溜(風邪の治療)、手足の井穴(腸熱を冷ます)のしゃ血、少商(のどの熱を冷ます)のしゃ血。背熱穴(体温を下げる)のしゃ血。内庭(副作用止め)

 ネットのはり治療法という見えない相手に負けないように一生懸命にはり治療をしました。

 帰り際のU子さん、ガラガラ声からいつもの声にもどり、からだの熱感が無くなっていました。

 のどを湿布、はちみつ大根の汁(のど痛、せき止め)や梅干茶(腸熱を冷ます)を飲む、腸に熱を持たないような食事を摂る様に伝えました。

 「実は、サッカーを夜中にずっと見ていました。」とU子さん。寝不足の腎虚にのど痛の風邪はよくある話です。皆様もご用心くださいね。

|

« 子宝のはりと「不妊治療大国」ニッポン | トップページ | »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38129/59935842

この記事へのトラックバック一覧です: ネットのはり治療法  のど痛:

« 子宝のはりと「不妊治療大国」ニッポン | トップページ | »