« 手当て  2 | トップページ | ゴールデンウィーク »

2014/04/27

バイキング

 ゴールデンウィークに入りました。家族連れでバイキング。たくさんの行列に順番を取るのが一苦労です。

 S子さんは黄色い顔で力なく治療ベットに横たわっていました。4月に新しい仕事に就き久々の連休にバイキングへ。それまでからだがだるく、食べたらすぐに眠くなり寝てしまう毎日だったといいます。疲れと胃腸の調子が悪く食欲が無い状態が続いていました。

 バイキングのメニューには疲れが吹っ飛ぶものがあったのでしょう。その日その時だけ元気が出て、たくさん、たくさんおなかの中に料理を詰め込みました。

 さあたいへん。その夜、吐き気と数え切れないくらいの下痢。2日間寝込んでしまいました。

 「お医者さんにいっても消化剤をくれるだけ。こんな時は、はり治療でからだの整える方がいいと思ってやって来ました。」

 顔、手足の黄色、脈、弱部分的に滑。白に苔、何度も下痢をして弱っている中にバイキングの残骸が残っているようでした。治療に来る前に食べたうどんのせいかもしれませんが。

 はり治療は、足三里(弱った胃腸を整え、消化不良を良くする)、公孫(膵液を出して消化を助ける)、上巨虚(大腸の働きを良くする) 関元(下痢で弱った下腹に元気をつける)、脾ゆ(弱った胃腸を優しく回復させる)の穴を使いました。

 お医者さんの処方される消化剤と比べることはできませんが、S子さんのからだが訴えていることをはり治療で網羅してみました。

 不快だった胃の痞えがとれ手足のだるさが改善しました。バイキング効果は、S子さんのストレス発散にはその時だけは効果がありました。弱っていた胃腸には最悪で、その代償はあまりにも大きいものでした。

 「今晩ごはん抜きます」と小さく微笑んで帰られました。

 

|

« 手当て  2 | トップページ | ゴールデンウィーク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38129/59542856

この記事へのトラックバック一覧です: バイキング:

« 手当て  2 | トップページ | ゴールデンウィーク »