« 排水パイプ詰り  2 | トップページ | 雑誌「美ST」取材 2 »

2014/03/30

雑誌「美ST 」光文社の取材依頼受ける

 「すごい、信じられない、自分の肩がきれいに挙がる」ライターさんは興奮して叫びました。

 雑誌「美ST」(光文社)の取材を受けました。「あらフォー世代が陥りやすい四十肩のはり治療について。」

 美しいモデルさんとは別に、ライターさんも肩から背中にかけての痛みを抱えているのを聞きはり治療を受けていただきました。カメラマンに、はり治療前と治療後の両手を耳に沿って挙上、左右の手を上下から斜めに結べるかの写真を撮ってもらいました。

 ライターさんは、夜遅い食事、PC業務、により肩から背にかけての痛み肩が挙がりにくくなっていました。いつものように脈と舌を診て、公孫(膵液を出す)、臨丘(胆汁を作る)、曲泉(血液を増やし、眼精疲労を取り肩の凝りを軽減する)の穴にはりを打ちました。神妙にしていたライターさんは、ベットに寝ている時から肩や背中が楽になったことを確認してもらいました。起きて両手を上に挙げてもらうと・・・・・。


 この間わずか10分余りでした。興奮したライターさん次々と質問が飛びました。

 「舌は何を診ているのですか?」

 「おなかの状態、心の状態、元気の程度、からだが熱いのか寒いのか?いろいろです」

 「脈は何を診ているのですか?」

 「からだのどの部位が渋滞しているのか?をライターさんの場合診ていました。仕事の関係で生活が不規則なので、内臓の動きの悪いところも注意していました。後は、生理の周期と目を使う仕事と脈状を考え合わせました。」

 
 ライターさんを驚かせたのは長年の肩や背中の痛みに、その局所にはりを打つことがなかったことだろうと思います。期待した場所に打ってもらえず、それなのに肩や背中の痛みがとれた。不思議?不思議?で興奮する以外の方法が無かったのでしょう。帰る前にライターさんに一言。

 「夜食をなるべく時間を早めて欲しいこと、生理が終わったら血になる食べ物をしっかり食べてください。これがライターさんの養生です。原因を改善しないとまたもどりますから、肩や背中が痛くなる原因にはり治療をしているということを忘れないでくださいね」

|

« 排水パイプ詰り  2 | トップページ | 雑誌「美ST」取材 2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38129/59380030

この記事へのトラックバック一覧です: 雑誌「美ST 」光文社の取材依頼受ける:

« 排水パイプ詰り  2 | トップページ | 雑誌「美ST」取材 2 »