« チューブの生姜 | トップページ | ロナウジーニョ選手を治療する鍼灸師 »

2014/01/27

お餅を食べたい

 「お餅を毎日6個ぐらい食べています。お正月から今までたくさん食べました。おいしい。」

 M子さん(40歳主婦)は、肺の疾患をかかえてはり治療に来られています。大量の痰とせき。この日もせきの音がベットの中から聞こえていました。

 3年越しのはり治療で、肺疾患の進行は食い止めているのですが、痰と咳が止まりません。脈の洪滑が取れにくい。何か、熱と痰になるものがからだの中に溜まっています。お正月からの食生活をゆっくり聞いてみました。3年目にしてやっとその理由が明らかになりました。

 もち米の性質は温。食べ過ぎると湿熱の痰やせきが出ます。痰は粘り気があり痰を切るのに一苦労です。M子さんは肺の疾患があるので、てっきりその方から来るものだと思っていました。(両方あるのかも知れません)

 お正月にお餅を食べたい気持ちは皆同じです。今年の旧正月は1月31日。季節が変わる節分の2月3日まではまったく胃腸が動きません。胃腸が動き出すのが立春の2月4日からです。この日から1週間は、お餅を食べると元気が出、一年のからだの滋養となると言われています。痰やせきの心配をせず食べていいですよ。

    ただし、7日たてば七草粥でお餅はおしまいです。

 わたしの経験では、お餅を3日も続ければ、鼻からのどの奥のほうにかけて痰がつたってくる感じが出てきます。7日を待たずしてわたしのお正月は終わりとなってしまいます。

  (追)授乳中のお母さんはこの限りではありません。たくさんお餅を食べてお乳を出してください。

 

 

 


 

|

« チューブの生姜 | トップページ | ロナウジーニョ選手を治療する鍼灸師 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38129/59002102

この記事へのトラックバック一覧です: お餅を食べたい:

« チューブの生姜 | トップページ | ロナウジーニョ選手を治療する鍼灸師 »