« 就活 | トップページ | 就活 2 »

2013/12/12

すき間風  2

 「先生の言うとおりに部屋のすき間風を止めたら部屋が暖かくなりました。」

 K子さん(38歳販売員)は20代のころからはり治療に来てくれています。最近は、首のヘルニアにより寒くなると肩から手にかけてしびれと痛みに襲われます。わたしは前回K子さんの部屋の様子を聞き適切なアドバイスをしていました。

 「自分の部屋はずっと寒いものだと思っていました。エアコンをかけて19度くらい。そうしていると、肩から手にかけて千切れるくらい痛い。ずっと泣いていました。先生の言うとおり、窓際にダンボールでL字のストッパーを作って付け、厚手のカーテンをつりました。すき間にすき間テープ、畳の上にアルミシートを敷き、その上に敷き布団を二重にしました。そうするとエアコンの効きが良くなりました。室温23度を保っていると肩が痛くないからとても楽です。」

 K子さんが寒い部屋から解放されて快適な環境で過ごせていることを聞いて安心しました。すき間風を止め、下からの冷気をアルミシートでとめる。上に上がった温かい熱を扇風機でかくはんする。住環境が良くなれば体調が良くなり神経痛などの痛みが緩和されるというものです。節電にも一役買うことになり一石二鳥ですね。

 

|

« 就活 | トップページ | 就活 2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: すき間風  2:

« 就活 | トップページ | 就活 2 »