« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013/12/29

満腹

 大阪ー天王寺、JRで30分、地下鉄で20分のところ、徒歩ではひたすら歩いて2時間。往復4時間。

 これだけ歩いた後、一回目の食事は気持ちよくたくさん食べれました。二回目の食事の途中からいつもの詰る感じが出てきました。三回目の一日過ぎると普通の胃腸にもどってすぐ満腹。4時間の運動は、一回半の食事の消化力に消えてしまった・・・・・。

 うそのような本当の話。社会人になるとなかなかからだを動かす機会がありません。学生時代のクラブ活動のような運動量は望めません。歩くことは胃腸の蠕動運動を高めるためにはもってこいです。個人差はあるもののひたすら4時間歩いて一回半の消化力。もし何もしないでいつも満腹に食べていたらどうなるでしょう?

 肩こり、消化不良、いつも眠い、からだがだるい、足がむくむ、体重の増加といろいろ都合の悪いことがでてきそうです。

 クリスマスが過ぎ、忘年会が済み、正月、新年会と続きます。満腹が重なり合いおなかの中は荒れ模様。2時間しっかり歩けばすっきり一回分の消化力が生まれます。ぜひともお試しください。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/12/20

就活 2

 「そんなこというのは一日ご飯を食べるなということや」

 次女の就活は終盤を迎えています。バイトのシフトは、学校が終わって午後5時から11時まで。休みの日は、朝から夜の11時まで2つのレストランを掛け持ちしています。昼食は午後4時。夕食のまかないは、早くて9時遅くて10時半。

 イタリアンのシェフを目指す次女、お客様が食べる時間は働く時間、食べる時間は大幅にずれこむのは宿命です。子供の時から食べる時間は厳しくしつけていました。バイトでそれがくずれ夜食は当たり前の毎日を送っています。夜食の弊害は、夜寝にくい、朝起きにくい、まぶたが重い、足がむくむ、からだがだるい、いつも眠い、肩がこる、そして、授業中寝てしまう。

 夜は胃腸は働きません、朝まで未消化のまま過ごすことに。目が覚めてから遅い消化が始まるのです。

 夜食はいけないという教えは、社会人になる前からくずれました。知らないでいるよりは知っているほうが
救いはあるのでしょうか?

 先日、「いつもだるいしストレスたまるからから、長居公園のグラウンドで100メートルダッシュ30本走ったら足のむくみもだるさもとれたよ、夜はばく睡した」と報告がありました。さすが元陸上部。近くの陸上同好会に入って休みの日に走るようになったそうです。なかなか休みが取れないのが目下の悩み。クリスマス、年末、年始、レストランは大忙しです。

 
 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/12/12

すき間風  2

 「先生の言うとおりに部屋のすき間風を止めたら部屋が暖かくなりました。」

 K子さん(38歳販売員)は20代のころからはり治療に来てくれています。最近は、首のヘルニアにより寒くなると肩から手にかけてしびれと痛みに襲われます。わたしは前回K子さんの部屋の様子を聞き適切なアドバイスをしていました。

 「自分の部屋はずっと寒いものだと思っていました。エアコンをかけて19度くらい。そうしていると、肩から手にかけて千切れるくらい痛い。ずっと泣いていました。先生の言うとおり、窓際にダンボールでL字のストッパーを作って付け、厚手のカーテンをつりました。すき間にすき間テープ、畳の上にアルミシートを敷き、その上に敷き布団を二重にしました。そうするとエアコンの効きが良くなりました。室温23度を保っていると肩が痛くないからとても楽です。」

 K子さんが寒い部屋から解放されて快適な環境で過ごせていることを聞いて安心しました。すき間風を止め、下からの冷気をアルミシートでとめる。上に上がった温かい熱を扇風機でかくはんする。住環境が良くなれば体調が良くなり神経痛などの痛みが緩和されるというものです。節電にも一役買うことになり一石二鳥ですね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/12/07

就活

Img_2768


 「大きなホテルでは、並べられた200程の大量のお皿にメインのステーキを置く係り、細工されたにんじんを置く係り、レタスを形よく配す係り、ドレッシングを散らす係り、トッピング係り、と従業員(シェフの卵たち)が流れ作業をしていたの」

 次女(18歳)は、調理師学校に通っています。来年度の就活の真っ最中です。大きなホテルの説明会と厨房の見学と面接に行った感想を話してくれました。

 彼女のバイト先は、その日に入荷した有機野菜、新鮮な魚介類、手をかけて育てられたこだわりの牛、豚、トリなどの材料を用い、シェフがお客さんに見せて選んでもらう、どんな料理になるかの説明の後、一人ひとり作っていくオーダー製の有名店。もちろん食品偽装表示問題とは無縁です。

 バイトのお店のように、お客の選んだ材料で最高のおもてなしをする努力をし続けていくことはとても大変なことです。彼女の話ぶりでは、ホテルの給料は少し高く休みも安定していますが、流れ作業の一員となることに疑問を感じているようでした。

 わたしははり治療を例にしてこう話しました。

 「患者さんを10人ベットに寝かせて、順番におなかにはりを打っていく、次に手足にはりを打っていく。はりを抜いて今度は、うつ伏せになって、順番に肩、背中、腰と流れ作業で治療する治療院があります。

 ベーネ治療院では、一人ひとりの脈や顔色、からだの変化を観察しながら、季節にからだが合うようにはりの太さや長さを、又は、お灸にする方が良いのかを考えながらオンリーワンのはりちりょう治療をするのよ。」

 「就職にしてもはり治療にしてもどちらを選ぶかはあなた次第」と。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »