« 食欲 | トップページ | 乾燥注意 »

2013/11/16

すきま風

 ゆっくり秋を楽しむ余裕もないままに木枯らしが吹きました。

 床暖とエアコンを入れていてもなんとなく寒い。
 
 窓枠に手をかざすと冷たいすきま風がスースー。すき間風を止めるL字のストッパーをダンボールで作り、窓枠に取り付ける。厚手のカーテンを北側の窓に掛ける。風が止まると暖房の効きが良くなりました。

 人のからだでは、背中の第7頚椎(大椎穴)から下(身柱穴)あたりで風邪や寒邪が出入りします。邪の侵入を防ぐためにタオルを当てたり服を一枚重ねるとからだが温まります。マフラーやストール、スカーフの使用も効果的です。

 はり治療では、後頚部の風池穴、風府穴で風邪を取り去り、大椎穴、身柱穴、風門穴、肺ゆ穴などを温め寒さを取り去るとからだが温まります。

 漢方薬では、桂枝湯、麻黄湯、葛根湯等で風邪や寒邪を追い出します。

 食べ物では、トリ、ねぎ、生姜を使った料理。からだが芯から温まります。

 予防は、夏に背中を太陽にあてる。背中を焼く。カイロを背中にあてる。背中を中心に乾布摩擦をする。 

 住環境をからだに置き換える、または、反対に考えると新鮮でわかりやすいと思いました。 

|

« 食欲 | トップページ | 乾燥注意 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: すきま風:

« 食欲 | トップページ | 乾燥注意 »