« 乾燥注意 | トップページ | 就活 »

2013/11/29

パンの女の子

 週一で訪れるカフェー。オフィスの一角にあります。パン屋さん併設のそこは、お昼時になるとOLやサラリーマンでにぎわいます。

 毎週金曜日お昼のランチを食べていると、決まって3歳くらいの女の子を連れたお母さんがやってきます。トレーの上にチョコクロワッサン、あんぱん、クリームパン、メロンパン、コルネパン、デニッシュパンとオレンジジュースをのせてちかくの席に座ります。たくさんのパンをいつも二人で半分にして食べています。見ていると、女の子はゆっくりすべてをたいらげにかかります。少し残すくらいで、また家で食べようねと言われて席を立ちます。

 昨日、その親子が、私の座っている真横に座りました。よく見ると女の子の手足はみかん色になっていました。こちらを見たときの顔色が予想どおり手足と同じ黄色でした。そして痰の絡ん咳を何度もしていました。

 いつも小さいからだで大量の甘いパンを食べてしまうことに驚いていました。その顔色と咳については、当然の成り行きと納得しました。

 甘い大量のパンは、湿と痰を生みます。小さい女の子の許容量を超えたパンは、痰のからんだ咳や痰となるにはたいして時間がかかりません。近い将来、胃腸が弱いのはもちろんのこと手足がむくんだりするでしょう。肩こりや生理痛も約束されています。

 たくさんのパンの食べかすを落として、女の子は、母親に連れられて満足そうに帰って行きました。痰のからんだ咳をしながら。お母さんはその咳をを風邪引きと間違えるのでしょうか?

|

« 乾燥注意 | トップページ | 就活 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38129/58667535

この記事へのトラックバック一覧です: パンの女の子:

« 乾燥注意 | トップページ | 就活 »