« ゴーヤの佃煮 | トップページ | シャワー »

2013/07/31

ツール・ド・フランスに13回出場のトレーナー中野善文さん

 7月23日付け朝日新聞、「ひと」欄の「ツール・ド・フランスに13回出場のトレーナー中野善文さん」の記事を読みました。

中野善文さんは、高校1年の時、ツール・ド・フランスのドキュメンタリーを見て自転車競技に傾倒。世界ジュニア自転車選手権日本代表。昼は鍼灸あんまマッサージ指圧専門学校生、夜は治療院で腕を磨く。1998年日本人トレーナーとして初参加して今年で13回目。年間100日は欧州でトレーナとして活動。残り265日は、東京でマッサージ治療をしているとのことです。

 各国の自転車チームは、出場選手のコンデションをいかに良い状態に保つかどうか。急激な天候の変化、道路状態やコースの変更など目に見えないところで真価を発揮します。マッサー中野トレーナーは、言葉の壁を乗り越えてからは、日本のマッサージ、指圧、針灸などを中心にチームに無くてはならない存在となりました。

 「薬物に頼る選手の要求は聞かない」と言う信念を持ちオリエンタルマジックを繰り出す中野さん。5年前から専属トレーナー契約を結んでいるクロイツィゲル選手(チェコ)が総合5位と躍進しました。「以前は故障が多かったけれど今はまったく無いです」というところに自信のほどが伺えました。

 同じ国家資格をもつわたしもマッサー中野の活躍はとても誇らしく思います。言葉はチームワークの中で必要不可欠の要素です。技術面を含めあらゆることが成果として実を結ぶのにとても時間がかかったと思います。たかがマッサージされどマッサージと誰もが認めるマッサー中野に拍手です。

 先日、イギリス人の方が2人。ベーネ治療院にはり治療に来られました。夏休みの日本公演に随行している団員さんたちでした。はり治療の良さと効果を十分にわかってもらえたかどうか?痛みはどれくらいとれたか?微妙なニュアンスを聞き取ることができず歯がゆい思いをしました。怪我の治る期間やこれからの養生などを通訳の人に詳しく伝えてもらいました。

 中野さんの苦労の一端を身をもって知りました。

 

|

« ゴーヤの佃煮 | トップページ | シャワー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38129/57878202

この記事へのトラックバック一覧です: ツール・ド・フランスに13回出場のトレーナー中野善文さん:

« ゴーヤの佃煮 | トップページ | シャワー »