« 冷蔵庫の中 | トップページ | スロー »

2013/06/30

梅味噌

Img_5461


 プーンと甘い香り。スーパーで黄色くなった梅を定価の半額で買いました。梅味噌を作ろうと思いました。

 夏の暑い日、きゅうりに梅味噌をすこし塗りつけてポリポリ食べる。頭で考えるだけでも美味しい唾液が出てきます。

 熟した黄色い梅(500g)を洗ってへたをつまようじで取り除きます。タッパーに米味噌(500g)と黒砂糖(200g)を合わせてまぜる。その中に梅を埋めておくと、2-3日で梅の汁が上がってきます。種だけ手で取り除き、鍋に入れて煮詰める。熱湯消毒した瓶に詰め冷蔵庫に保管。

 梅干、梅味噌、梅酒、梅シロップ、どれを取っても梅の酸が胃腸を程よく刺激します。酸味と苦味をとることが夏の養生の基本でした。

 ジケジケした梅雨の合間の梅仕事は、日本の豊かな食文化の一つです。梅の汁は上がってきているか?と何度もタッパーのふたを開けてのぞきこむ。浸透圧の関係で汁は上がってくるだけなのですが、何故かうれしい。家族の美味しい顔が浮かびます。小さな幸せがタッパーの中に詰まっているようでした。

|

« 冷蔵庫の中 | トップページ | スロー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38129/57693988

この記事へのトラックバック一覧です: 梅味噌:

« 冷蔵庫の中 | トップページ | スロー »