« グランドマスター | トップページ | 冷蔵庫の中 »

2013/06/16

梅雨

 Img_0611_2


梅雨の晴れ間を利用して朝から洗濯。すっかり干し終わり仕事に出かけました。治療室に着くころ雲行きがあやしくなってきました。家に電話をしても家族は留守。雨が降り出しわたしのテンションは、濡らした洗濯物のために下がりました。

 梅雨の一日は、空模様も変わりやすくそのたびに一喜一憂する人々。湿度80-90パーセントのなかに身を置くと心もからだも重く感じます。適度のクーラーか除湿機、扇風機などで環境を変える必要があります。

 同じようにからだの中も除湿するとからだがかるくなります。雨が降ったらとうもろこしや小豆の水煮、コーン茶で利尿をはかります。甘いものを食べると、胃腸に水分がまとわりつきだるさの原因になります。食べたらすぐ眠くなるのは胃腸の消化がよわっていることを示します。雨の日に生ものを食べるとあたりやすいので要注意です。 

 はり治療では土穴を多用し水はけを良くします。あわせて下合穴を使い二重に胃腸の働きを助けるようにします。熱がこもる大きな関節には、透針や運動法で風を吹かし熱をさまします。

 雨は、降り過ぎてもふらなくても困ります。からだにも程ほどの湿気は必要です。中庸になるようにするにはどうするか?たくさんの先人の知恵を活用してみてください。

 

|

« グランドマスター | トップページ | 冷蔵庫の中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38129/57602095

この記事へのトラックバック一覧です: 梅雨:

« グランドマスター | トップページ | 冷蔵庫の中 »