« 梅雨 | トップページ | 梅味噌 »

2013/06/26

冷蔵庫の中

Img_8874_1


 「冷蔵庫の中には一日分の食べ物しか置かない。置くと食べてしまうから」
 
 テレビに映し出された冷蔵庫の中はほとんど空っぽでした。シングルマザーの苦しい家計のうちが一目で想像できました。小学生の息子さんは、育ち盛り。「きらいなものは何も無い」とインタビューに答えていました。

 何も入っていない?冷蔵庫に?衝撃でした。我が家の満タンの冷蔵庫が頭に浮かびました。すぐに、毎週野菜や肉、卵をたのんでいる宅配業者に一週間キャンセルの電話を入れました。三人の子供たちも大きくなり、仕事やバイトで夕食を食べない日が多くなっていました。これまでと同じように買い物や宅配を頼んでいたら飽和状態になるのも当たり前。仕事をもつ主婦の「○○がないとどうしよう?」という脅迫観念を捨てなければと思いました。
 
 
 それから2週間。ほとんど買い物に行かないでも食事を作ることができました。冷蔵庫の見晴らしがよくなりました。野菜室も何が足りないのか?一目でわかるようになりました。夕食のメニューがたてやすくなりました。賞味期限間近なものの心配がなくなりました。

 わたしのからだの中はどうなっているでしょうか?冷蔵庫がすき間ができると同時におなかがすかない状態が解消されいつも満腹感がなくなりました。

 はり治療ではどうでしょう?満タンの冷蔵庫は、食積(しょくせき)となります。食べ物が胃腸のなかで幾く重にも積まれている状態です。食べすぎで苦しい状態。ひどくなると痰や咳がでてきます。胃腸の積み残しを流す必要があります。

 空っぽの冷蔵庫は、シングルマザーの窮状を映し出し、満タンの冷蔵庫は飽食日本の現状を表しているように思いました。数週間後満タンに戻っているか、このまま見晴らしの良い状態が続くのかは自分次第ということです。

 

|

« 梅雨 | トップページ | 梅味噌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38129/57647575

この記事へのトラックバック一覧です: 冷蔵庫の中:

« 梅雨 | トップページ | 梅味噌 »