« 青い花瓶の花束 ユトリロ展 | トップページ | デイケァ リハビリ »

2013/05/26

八宝菜

 「このレストランのシェフは以前と変わりましたか?」八宝菜の半分も食べないうちにわたしはウエイトレスの女の人に聞きました。

 神戸の中華街。地元の店主に聞いた地元の人が行く中華レストランに行きました。神戸に来た折には必ず昼食を楽しみにしているお店です。初めて酢豚のランチを注文した時は色、香り、味ともびっくりするおいしさでした。二度目の八宝菜ランチも期待を裏切らないおいしさでした。以来いつも八宝菜ランチを注文するようにしていました。

 この日のそれは、見た瞬間あれ?と思いました。料理の色つやが悪い。材料はいつもとかわらない海老、豚肉、きくらげ、にんじん、セロリ、たけのこ、ねぎ、白身のさかな、ブロッコリー等。下ごしらえはしているものの、材料一つ一つの温度がばらばらなために、味に統一感がありません。豚肉の臭みが口の中で嫌味になり、ブロッコリーはどれよりも温度が低い。高温で材料を炒める時に材料の温度がまちまちだったのでしょう。ブロッコリーは冷凍をそのまま入れたためなべの温度が下がりできばえも悪く材料本来の味をだせなかったと思われました。

 おかしいなぁと思いながら少し残しました。ウエイトレスは「シェフは変わらない」と言いますが、いつもとはまったく違う八宝菜。シェフの体調が悪かったのか、鍋の温度変化を読み違えたようです。びっくりするくらいおいしいを期待していたわたしには、途中で作り変えてもらうことを思いつきませんでした。

 レジでお金を払う時、「美味しくなかった、不好、不好」とウエイトレスにいいました。彼女は代金を取りませんでした。わたしはクレイマーではありません。食べている時に作りかえてもらったら気分よく代金を支払えたと思います。

 八宝菜にかかわらず、鍋の火の制御と温度の読み、材料の吟味、投入のタイミングなどどれを外してもおいしい中華料理はできません。

 わたしのはり治療でも条件は違うけれど世界は同じと肝に命じました。

 後日、家で八宝菜をつくりました。家庭の味以上だすことができませんが、すべてうまくいった時は色、味のバランスの良いものが作れます。油断すると家族から美味しくないと言われます。

 中国人は、中華料理(包丁)、散髪(はさみ)、裁縫(縫い針)のどれか一つを持っていると世界のどこへ行っても食べていけると言います。中華料理の奥が深いです。  

 

|

« 青い花瓶の花束 ユトリロ展 | トップページ | デイケァ リハビリ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38129/57461142

この記事へのトラックバック一覧です: 八宝菜:

« 青い花瓶の花束 ユトリロ展 | トップページ | デイケァ リハビリ »