« ケーキの人  ミルフィーユ | トップページ | 青い花瓶の花束 ユトリロ展 »

2013/05/12

空が見えない

Img_4467


 「地下鉄はゴーっと鳴って気分がわるいし空が見えない」 

 今年4月からフレッシャーになった長女はポツリと言いました。職場に向かう交通手段に地下鉄に乗るかJRにするか決めかねています。地下鉄の方が10分以上早く着くのに「空が見えない」と。

 沖縄の大学に6年過ごした彼女の感覚はきっと正常なのでしょう。遠くに旅行に行った後、大阪駅に帰って来た時に陥るギャップのそれと同じなのかもしれません。空気が澄み青い空青い海、ゆったりとした沖縄タイム。この一ヶ月、新人研修から始まり新規開店準備のため帰宅は最終電車。疲れて乗り越したことも数回。

 日に日に元気が無くなっていく長女に「休みの日にはり治療をうけに来なさい」と言ってあげることしかできません。ベーネ治療院に来る先輩OLさん達が体調管理のため、週一か2週一の間隔ではり治療をうけに来られる意味がわかる気がしました。

 ずっと都会に住み続けているわたしには「空が見えない」と言う言葉がとても新鮮に聞こえました。よい所は無くさないで、自分を取り戻すのに時間がかかりそうだとも思いました。

 

|

« ケーキの人  ミルフィーユ | トップページ | 青い花瓶の花束 ユトリロ展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 空が見えない:

« ケーキの人  ミルフィーユ | トップページ | 青い花瓶の花束 ユトリロ展 »