« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013/05/26

八宝菜

 「このレストランのシェフは以前と変わりましたか?」八宝菜の半分も食べないうちにわたしはウエイトレスの女の人に聞きました。

 神戸の中華街。地元の店主に聞いた地元の人が行く中華レストランに行きました。神戸に来た折には必ず昼食を楽しみにしているお店です。初めて酢豚のランチを注文した時は色、香り、味ともびっくりするおいしさでした。二度目の八宝菜ランチも期待を裏切らないおいしさでした。以来いつも八宝菜ランチを注文するようにしていました。

 この日のそれは、見た瞬間あれ?と思いました。料理の色つやが悪い。材料はいつもとかわらない海老、豚肉、きくらげ、にんじん、セロリ、たけのこ、ねぎ、白身のさかな、ブロッコリー等。下ごしらえはしているものの、材料一つ一つの温度がばらばらなために、味に統一感がありません。豚肉の臭みが口の中で嫌味になり、ブロッコリーはどれよりも温度が低い。高温で材料を炒める時に材料の温度がまちまちだったのでしょう。ブロッコリーは冷凍をそのまま入れたためなべの温度が下がりできばえも悪く材料本来の味をだせなかったと思われました。

 おかしいなぁと思いながら少し残しました。ウエイトレスは「シェフは変わらない」と言いますが、いつもとはまったく違う八宝菜。シェフの体調が悪かったのか、鍋の温度変化を読み違えたようです。びっくりするくらいおいしいを期待していたわたしには、途中で作り変えてもらうことを思いつきませんでした。

 レジでお金を払う時、「美味しくなかった、不好、不好」とウエイトレスにいいました。彼女は代金を取りませんでした。わたしはクレイマーではありません。食べている時に作りかえてもらったら気分よく代金を支払えたと思います。

 八宝菜にかかわらず、鍋の火の制御と温度の読み、材料の吟味、投入のタイミングなどどれを外してもおいしい中華料理はできません。

 わたしのはり治療でも条件は違うけれど世界は同じと肝に命じました。

 後日、家で八宝菜をつくりました。家庭の味以上だすことができませんが、すべてうまくいった時は色、味のバランスの良いものが作れます。油断すると家族から美味しくないと言われます。

 中国人は、中華料理(包丁)、散髪(はさみ)、裁縫(縫い針)のどれか一つを持っていると世界のどこへ行っても食べていけると言います。中華料理の奥が深いです。  

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/05/19

青い花瓶の花束 ユトリロ展

Img_0786


 吸い込まれるような青、花瓶いっぱいに盛られた花束。

 たくさんのパリの街角の風景の中に一点だけ飾られていた「青い花瓶の花束」に目が心地よく反応しました。

 「ユトリロ生誕130年展大阪」に行ってきました。大阪の街は初夏の装い。片道1時間の道のりを往復歩きました。たどり着いた展覧会会場は、照明を落としてありすぐに風景画家ユトリロモードに入ることができました。初期の「白の時代」は好きな作品が多く、「色彩の時代」に変わっていくユトリロの心の変化を思いました。

 そんな中で「青い花瓶の花束」が異彩を放っていました。日本初公開というそれは、1時間暑い中を歩いてきたわたしに、目をとうしてからだを涼しくしてくれました。色彩がへストレートにからだに影響することを実感しました。同時に、寒がりのわたしにもやっと初夏の季節がやってきたことがわかりました。

 薔薇の花束をグワッシュで力強く描き、きれいな青のまるい質感の花瓶で締める。当時銀行家の夫人で未亡人になり、後にユトリロと結婚するリシュリューに贈られました。彼女に花の絵を何度も贈ったユトリロの心の思いも伝わってくるようでした。

 帰りの1時間の道のりは、青のイメージが目に焼きつき涼しく歩くことができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/05/12

空が見えない

Img_4467


 「地下鉄はゴーっと鳴って気分がわるいし空が見えない」 

 今年4月からフレッシャーになった長女はポツリと言いました。職場に向かう交通手段に地下鉄に乗るかJRにするか決めかねています。地下鉄の方が10分以上早く着くのに「空が見えない」と。

 沖縄の大学に6年過ごした彼女の感覚はきっと正常なのでしょう。遠くに旅行に行った後、大阪駅に帰って来た時に陥るギャップのそれと同じなのかもしれません。空気が澄み青い空青い海、ゆったりとした沖縄タイム。この一ヶ月、新人研修から始まり新規開店準備のため帰宅は最終電車。疲れて乗り越したことも数回。

 日に日に元気が無くなっていく長女に「休みの日にはり治療をうけに来なさい」と言ってあげることしかできません。ベーネ治療院に来る先輩OLさん達が体調管理のため、週一か2週一の間隔ではり治療をうけに来られる意味がわかる気がしました。

 ずっと都会に住み続けているわたしには「空が見えない」と言う言葉がとても新鮮に聞こえました。よい所は無くさないで、自分を取り戻すのに時間がかかりそうだとも思いました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/05/05

ケーキの人  ミルフィーユ

Img_0523


 ショウーウィンドゥに並ぶおいしそうなケーキ。生クリーム、バター、砂糖をふんだんに使って作られています。

 M子さん(30歳)はRLホテルのパテシエです。いつもホテル自慢のケーキを作っています。首が回らないとはり治療に来られました。左頚を中心にほとんど動かすことができません。おいしいケーキの話をしながらにもかかわらず、首の痛みで顔をしかめるM子さん。

 いつもケーキの出来具合、新商品の味見などでよくケーキを食べること、余ったものを持ち帰って味見することを聞き出しました。一番痛いところを調べてみると、胃のライン、小腸のライン、大腸のラインなどがパンパンに固まっていました。(首の周囲には、おなかの内臓と関係する経絡が走っています)

 はり治療は、曲池、曲骨、曲泉、三里、公孫、臨泣、れいだ、落枕、などの胃腸のラインを整える穴をつかいました。残った痛みはくびの整体をして動くようになりました。3日間仕事を休んだM子さんは、明日からまたケーキ作りの仕事にもどれるとにこにこしながら帰っていきました。

 2日後、M子さんは鎧かぶとを首にぶらさげているようなかっこうでやってきました。はりをした日はよく眠れたこと、仕事で重いボールを持ったりミキシングしているとだんだん首が重くなり動かなくなってしまったということでした。

 もう一度生活のことを聞いてみました。ケーキはホール(丸ごと)持って帰る。夕食前、夕食後に食べてしまう。夜10時ごろから深夜に食べることも多い。朝は時間がないのでおもちを3つ食べる。ホテルでは、パンや焼き菓子の試食をよくすること。ホテルに勤めて4ヶ月。顔や手足がむくむ。朝、からだが重くて起きられない。だけど、お腹だけはすく。

 ホールのケーキを一晩で食べてしまうところにヒントがありました。通常の寝違い治療だけではミルフィーユの表面の皮を剥ぐだけでした。加えて生クリーム、バター、砂糖、チョコレート、炭水化物などを根元から捨ててしまわないと同じことの繰り返しになります。れいだ、きょう陰、商陽、少沢穴に点血して胃腸を洗い流しました。もとの油源や熱源を断ちました。鎧かぶとはやわらかな皮膚と筋肉にもどっていました。

 再び笑顔になったM子さんに一言。肩や首が、生クリームやバター、砂糖、炭水化物の混じり合ったドロ血のミルフィーユになっています。食べたものはすぐに形を変えて細胞の構成成分になっていきます。M子さんをしぼれば、ミルフィーユ状態。肩こり、寝違い、だけではなく糖尿、成人病、になっていくパターンです。また、歯が持ちません。わずか4ヶ月でからだがギブアップしています。からだの声を聞いてあげてくださいと。

 我が家では、ケーキは特別な日に買うものだと思っていました。パテシエの役得はあるにしても過ぎてしまえばそれは病のもとになりかねません。M子さんの同僚の人たちも休み毎にはり治療や整体に通っている人が多いとききました。皆ミルフィーユ状態になっているようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »