« 水面  識名園 沖縄 | トップページ | 自己管理 »

2013/04/05

腰痛 朝日新聞3月24日2013年

腰痛朝日新聞 診療終了まぎわに「急に腰が痛くなったのでみてほしい」という電話がありました。どんなに遅くなっても
急性の腰痛はなるべく断らないようにしています。

 3月24日付けの朝日新聞に、腰痛の人は全国に推定で2800万人いることが厚生労働省研究班の調査で
わかりました。40-60代の約4割が悩んおり8割が原因不明と書かれてありました。

 日本整形外科学会などによる腰痛診療指針。

 特におすすめ
  3ヶ月以上続く腰痛 抗不安薬、ストレッチなどの運動
  1ヶ月以上続く 考え方の偏りをなおし行動の仕方を変える、認知行動療法

 おすすめ
  腰痛コルセット
  3ヶ月以上  抗うつ剤、脊椎固定のOP
  3ヶ月未満  温熱療法 
 
 おすすめしない   安静(骨折やヘルニアをのぞく)

 根拠なし    腰をひっぱる牽引
         マッサージ
                

 何度も読み直してみました。腰痛にはり治療を推奨(おすすめ)するという言葉はひとつもありません。反対に根拠がないとも書かれていません。指針の対象外ということでしょうか?ベーネ治療院に腰痛で来られた患者様、何か一言言って下さればうれしいです。

 東洋医学では、外界からの寒湿(冷え)や湿熱(熱)による、
      腰部の外傷
      腎虚(睡眠不足や疲労や過労により起こる)、
      風邪            
      ヘルニアや脊椎間狭窄、がん 

 以上、原因を大きく5つに分類。一つとは限らず、二つ三つのミックス型も考えられ、重なるほどに治りが悪くなる傾向があります。指針がすすめる抗不安薬や抗うつ剤のお世話になるケースに当たるかもしれません。実際には、痛み止めとその原因をとりのぞくはり治療をおこないます。ヘルニアなどの腰痛は、痛みを完全に止めることは難しいです。

 冒頭の腰痛の急患は、過労による腎虚が原因でした。痛みをがまんして仕事をしていると聞きました。数日間の安静をお願いしました。こじれて3ヶ月コースになってほしくありませんから。

|

« 水面  識名園 沖縄 | トップページ | 自己管理 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38129/57074652

この記事へのトラックバック一覧です: 腰痛 朝日新聞3月24日2013年:

« 水面  識名園 沖縄 | トップページ | 自己管理 »