« 腰痛 朝日新聞3月24日2013年 | トップページ | 腰痛  2  アイスマン »

2013/04/07

自己管理

Img_3054


 「おかしい?何かおかしい。顔の表情筋が動きにくい。からだが硬い。関節の動きがスムーズじゃない。イライラする。お風呂に入ってもあまりかわらない。昨日は、たまらなくなって夜走りに行ったけれど。今日の診療を終えて帰ってくる途中からどうもおかしい」

 2-3ヶ月に一度疲労とストレスとが重なるとおかしくなります。気分転換に美術館めぐりをしている時はまだやり過ごすことができるのですが、にっちもさっちもいかなくなると顔の筋肉の動きが悪くなります。

 夜中、ベットから起き上がり自分で自分にはり治療をしました。 いつもは症状をとる治療をするだけですが、このたびはからだ中が悲鳴をあげているのでそうはいきません。顔色、脈診、舌診、と治療室で患者さんを診るように客観的に観察して注意深くはりを打ちました。合谷、太衝、照海。足らないところは刺法で動かしました。

 待つこと30-40分。顔色、脈、舌、共に整った時、何んともいえないからだの開放感。、関節のうごきもからだの硬さもとれ顔が自由に動く自分がいました。わたしのはり治療を受けている患者様は、みんなこのような感じで治療室を後にするのかなぁと改めて実感しました。

 はり治療の後、少し柔軟体操をすると、ますますからだと心が自由になりました。手足のすみずみまで気血がゆきわたりふんわり雲の上に身をおいているようでした。自分にかかる重力がなくなった感じです。指先まで軽い。

 夜中の3時頃、とても深い眠りにつきました。

|

« 腰痛 朝日新聞3月24日2013年 | トップページ | 腰痛  2  アイスマン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38129/57122457

この記事へのトラックバック一覧です: 自己管理:

« 腰痛 朝日新聞3月24日2013年 | トップページ | 腰痛  2  アイスマン »