« 風邪の入り口 | トップページ | おかえり »

2013/02/24

dinner 2 前菜

 「前菜は、これから食べる料理の窓口なんだ。」江口洋介演じる料理長は、部下たちに熱く語ります。

  洋風なら、白い大きなお皿の彩り鮮やかなサラダ、ちりばめられたドレッシング、そして生ハムや魚介類のオードブル。中華なら、海老や蟹の特性ソースかけにとり蒸しや焼きブタ、ハム、きゅうりとくらげの中華あえ添え。和食なら、器を愛でながら、季節の趣向を凝らした先付けを想像し、ゴクリと唾をのみこみました。

 これから食べる料理を目でみて、においをかいで五感をとうしその場の空気をも含めての窓口とは良いこというなぁと思いました。当然、脳からは、たくさんの指令が体中を駆け巡り、おいしいオーラを出す準備に余念がないことでしょう。

 はり治療ではどうでしょう?ベットで寝てもらっている患者さんの前菜とは、一本目のはりもしくは、すいなや整体をとうしての下ごしらえということになります。これから行うはり治療の窓口になるものです。からだがどうして欲しいのかを、脈や舌、腹診、顔色を診てでの一手は慎重に考えています。時には10分以上考えてから治療が始まります。
 
 
 

 急性腰痛の患者さんなら一本目に痛み止めのはりをします。痛みが半減するのがわかってもらえると治療の窓口の大切な役目は果たせます。これからの治療を安心して受けてもらうことができます。
 
 
 
 

 運動不足でからだの気のめぐりが悪い、ずっとオフィスで座り仕事、食べすぎにより胃腸が渋滞している人には、はじめに整体やすいなマッサージをして気血の流れをよくして下ごしらえをします。疲れたからだは、それによりいつでも受け入れ態勢OK。治療の窓口全開となります。

 寝不足や過労などで疲れている人には、優しくからだに精気を満たすようなはりを最初に打ちます。

 いずれにしても窓口のとなる第一の治療は、臨機応変その場の雰囲気で瞬時に判断しなければなりません。前菜の手順を間違うと前後の順番が狂い、おいしいdinnerが消化不良を起こしたり、お腹がいっぱいで食べることが出来ない状態がはり治療でもおこります。

 前菜はこれから食べる料理の窓口。さりげない言葉の中に奥深さと共感を覚えました。

|

« 風邪の入り口 | トップページ | おかえり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38129/56828650

この記事へのトラックバック一覧です: dinner 2 前菜:

« 風邪の入り口 | トップページ | おかえり »