« シャワーの人 | トップページ | 節分 »

2013/01/30

dinner

「現状に満足していたらだめだ。おれたち料理人も同じだろ。常に進化し続けることが大切だ」江口洋介演じる料理長江崎は、副料理長に熱く語ります。

 日曜ゴールデンドラマ9時放送「dinner」第2話をみました。イタリアンレストランの名店ロッカビアンカの新料理長は、腕は超一流の料理オタク。料理に関しては妥協を知りません。店の料理人やスタッフたちを振り回します。

 大切なことは素材と調理法。出来上がる味がすべて。それ以上でもそれ以下でもないと言い切ります。ドラマを見ていてどこかはり治療に通ずるところがあると感じました。素材である患者さんの苦痛に、調理法ならぬはっきりした治療法、出来上がる味ならぬからだのフィット感、爽快感、痛みなどが取れる、効果があるとの実感。それ以上でもそれ以下でもない。

 冒頭の常に進化し続けることは料理人に限りません。はり治療にとって進化とはどういうことでしょう?わたしは、20代の駆け出しの頃、10人中1人も満足に治療ができませんでした。以来35年以上の臨床の中で試行錯誤の連続。これでいいと思ったことは一度もありません。精巧で緻密そして繊細な感情を持つ人のからだ。脈をみて、舌を診て、腹や顔を診て不調を解き明かしていくことは、いつも新鮮で飽きることがありません。

 中国前漢時代に鍼灸の聖典、黄帝内経(こうていだいけい)が編纂されました。それから2千年後の今日、はり治療は口伝(くでん)による伝承の上に成りたっています。人ひとりの進化を次の世代に伝えていくことも重要な使命となっています。

|

« シャワーの人 | トップページ | 節分 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38129/56636315

この記事へのトラックバック一覧です: dinner:

« シャワーの人 | トップページ | 節分 »