« 治療をしない勇気 | トップページ | 笑い »

2012/12/23

一週間のメニュー

 「晩ご飯がお菓子??」

 Y子さんは、30歳OL.。夜9時に仕事が終わります。左頚部から肩にかけてがまんできない痛みではり治療に来られました。痛みのため、歯のかみ合わせが悪くなり歯科矯正が必要と歯科医から言われています。3ヶ月前よりはり治療をしても、効果が長続きせずすぐに痛んで苦しいと、週一ペースでやって来ます。

 「夕食は、買いに行く暇がないの仕事中お菓子を食べて後は食べません」

 「???」

 キーワードは、夕食がお菓子 でした。わたしは、Y子さんに一週間のメニューを書いてきてもらうように頼みました。

 一週間後、簡単なメニュー表をみて驚きました。

 朝 パン 昼 煮込みうどん 夜 おかし
 朝 干しいも 昼 カレーとナン  夜 甘栗
 朝 甘栗 昼 クッキー      夜 煮込み麺
 朝 干しいも 昼 ヨーグルトとパン 夜 甘栗
 朝 パン 昼 弁当 夜 おかし

 「炭水化物がほとんどね、これでは首や肩の痛みがはりで取れても、すぐにまた痛んできますよ。干しいも、甘栗、パン、クッキー、チョコ、などの炭水化物は、頚や、肩にドロ血が溜まりやすくこりや痛みの原因になりますから。運動して炭水化物を燃焼してくれるとドロ血は減ります。」

 忙しいY子さんに、休憩時間のとり方、食事の種類、夕食をどう調達するかなどもっとゆっくり話をする必要を感じました。また、Y子さんがおとなしくとても寡黙だったことも原因の本質を見逃すことになり反省です。本人が普通と思っていることの中に養生からかけ離れていることが多々あり、それに気づいてもらうことはとても大切なことだと思いました。

|

« 治療をしない勇気 | トップページ | 笑い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38129/56376992

この記事へのトラックバック一覧です: 一週間のメニュー:

« 治療をしない勇気 | トップページ | 笑い »