« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012/10/28

狼の群れと暮らした男

Img_2590


 ロッキー山脈の森の中に野生狼と接触を求め、飢餓、恐怖、寒さ、孤独、を克服し、ついには、狼に受け入られた英国人の記録。

 「狼の群れと暮らした男」 ショーン・エリス+ペニー・ジューノ著 築地書館 を読みました。

 自然の森林の中は、草食動物、肉食動物の生態系が昔から連綿と続いています。人間が発展するたびにかれらの世界を少しずつ侵食していくという問題が起こっています。オオカミは、いつ、いかなる方法で、どこで、狩猟すべきかを知っています。それは、世代交代のたびに本能的に伝えていくという稀有な知能を持っている野生動物なのです。

 著者は、群れの中に受け入れられ彼らと2年にわたりいっしょに暮らす中でそれを実体験しました。群れの中の序列、オスとメスの役割分担の観察は、人間が飼っている犬の飼育や矯正に役に立ちました。また、オオカミが人間の農場の家畜を襲う訳とその対処法は、なるほどと思わせるものがありました。

 対処法とは、農場から別のオオカミの群れがあり、農場の縄張りはその群れがいるという遠咆えの録音テープを流すことです。オオカミはそれ以上近づくことがなくなりました。

 著者は言います。「人間は、この地上で優位な生物として発展しています。人間より下の動物をどうやって管理できるのかがまださっぱりわかりません。動物たちが自然に行ってきていることを、人間は万物を制御するバランスの維持をどうしたら良いのかわかりません。たとえば、ねずみや害虫は、野生の中で生きることができます。かれらは、死骸を常食しえさのある無しで制限されます。自然はかれらが制御不能になることを許しません。溝に食料を投げ入れたり街角にゴミ箱をあふれさせたりしたおけば、かれらを市街地に来て下さいと呼びかけているようなものです。かれらの繁殖本能が狂うのは驚くにあたりません。私たちが責任ある行動をとれば、私たちの下の動物も責任ある行動をとるでしょう。」

 また、私たち人間は、制御不能に陥りやりたい放題で飽食です。ネイティブアメリカンは、価値あるものを適度の量しか食べませんでした。肥満せずかつては地上で最強で最も健康体でした。そして自然の生態系も崩しませんでした。今、かれらは、白人の食べ物を食べて肥満し、農薬品に毒されています。癌の罹患率も高くなっているのは、偶然とはいえません。

 私は、自然と動物の生態系をとうして学ぶところが多いと思いました。そして、今、人間が自然に対して陥っているさまざまな危機的状況を改善していく鍵がそこにあると思いました。

 秋の夜長に目をこすりながら興味深く読めた一冊です。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/10/17

秋の花粉

 「のどが痛くて4日前から医者からもらった抗生物質を飲んでいます。」サラリーマンのUさん(40歳)は、少し熱っぽい手でのどを押さえながら言いました。

 「寒気や頭痛はありましたか?」 「はじめは寒気がありましたがいまはありません。鼻水鼻詰まりがすこし残っています」

 Uさんの、不規則な勤務の上、緊張する職場で抗生物質を飲みながら激務に耐えている様子が伝わってきました。

 出した結論は、風邪40対花粉60パーセントのミックス型でした。何よりの決め手は、お風呂に入っても悪化しない。抗生物質を飲んでも喉痛があまり取れない。極度の睡眠不足による腎陰不足、深夜に夕食を摂る胃腸の酷使等。治療穴は、列欠、照海、然谷、合谷、行間、公孫。

 治療後、「今から会社へいきます。夜11時に仕事を終え、帰宅は午前1時ごろ、ほっとするのでいけないとわかっているのにを食べてしまいます。」「そこを何とかウイダーインゼリーくらいにしてくれたら・・・・」

 秋の花粉から、思いもかけず、日本の高度経済を担っているサラリーマンの人たちの、言葉にならない琴線に触れてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/10/10

もっと食べたい

 「たくさん食べられる人がうらやましい」

 胃腸の弱い小柄なY子さん(40歳OL)は、ため息まじりにつぶやきました。少し食べては胃腸の具合が悪くなりはり治療に来院されます。

 聞けば、学生時代は帰宅部。「たくさん食べられる胃腸を持っている人は、多くは学生時代に運動部なりで部活をがんばった人たちです。成長期に運動しながら胃ぶくろが大きくなった訳です。筋肉がしっかりついている人たちは、総じて胃の気が強くたくさん食べても平気な人です。」

 Y子さんに何か運動することをすすめてみました。運動すると、顔のくすみやしみがきれいになることをも付け加えて。フルタイムで働くY 子さんは、近所のジムに通い始めました。無い時間をやりくりして週1-2回程度。1回1時間ジムの機械で汗を流します。

 まず、ファンデーションを変えたのか?と思うくらい顔色が良くなりました。しみが目立たなくなりました。
お化粧のノリがよくなりました。来院時にありのままほめるととても素直に喜んでいました。2ヶ月位して「たくさん食べられるようになりましたか?」と聞いてみました。

 「おやつに桜もちを食べました。おいしく食べることができました。またジムに行ってきます。化粧品やさんで肌のキメが良くなった。何かしているのですか?と言われました。」

 からだを動かすようになったので、気のめぐりがよくなりはり治療の反応も上々です。胃腸の滞りを示す足の張りは、ジムの運動のおかげで最小限に抑えられ、Y子さんの始めての部活がはじまりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/10/02

陽気の貯金

Img_6739


 中秋の名月に台風。

 大型の台風17号が日本を縦断していきました。日中の気温も30度を超えることが少なくなり、我が家のグリーンカーテンのゴーヤは、一つだけ小さな実ができました。冷蔵庫のぬか床は、古漬けのきゅうりが入っているだけになりました。

 長夏も終わりに近づき、蒸し暑さからの開放。過ごしやすい陽気。。からだの湿気がとれ胃腸が復活してくる頃です。食欲の秋満開近し。涼しくなってからだは落ち着きを取り戻してきた感じがします。

 陽気の貯金は、増えましたか?

 夏中オフィスのクーラーの中だったと言う人、秋の太陽もまだまだ捨てたものではありません。遅ればせながらでも結構ですから陽気の貯金をお願いします。冬に何枚もほかほかカイロをからだに貼る人は、今のうちに貯金しておきましょう。冬至を過ぎた2ヶ月間、その貯金でからだを廻すことになります。暑さから開放された今は、つい忘れがちになっていますが・・・。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »